THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

中国の食卓に送られるマカクザル44匹をサケーオ県で保護

2021年10月3日 配信
中国の食卓に送られるマカクサル44匹をサケーオ県で保護

©国立公園・野生動物・植物保全局

タイ天然資源・環境省 国立公園・野生動物・植物保全局(Department of National Park, Wildlife, and Plant Conservation: DNP กรมอุทยานแห่งชาติ สัตว์ป่า และพันธุ์พืช)は2021年10月1日、タイ警察がサケーオ県で、中国に密輸されるところだった野生のマカクザル44匹を保護したと発表しました。


報道によると、サケーオ県に設置された検問所の警察官が不審なトラックを見つけたため、トラックに停まるように指示しました。しかしトラックの運転手は、指示を無視して検問所を通過。その後トラックは交通標識に衝突して停車し、運転手は森の中に逃走したとのこと。

警察官は、置き去りにされたトラックに積まれてた25個のプラスチックケースを発見。中には生後2ヶ月から1年ほどのマカクザル45匹が詰め込まれていました。45匹の内訳は、オス25匹、メス19匹、衝突の衝撃で死亡したと思われる死骸1匹でした。

なお、事前に野生生物保護官は、食用として中国に密輸されるマカクザルが運ばれているとの情報を得ていたようです。

警察は現在、トラックの所有者を調査し、野生動物密輸に関わった人物を探しています。