THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

コメント削除対応にユーザーの不満爆発、「タイランドハイパーリンクスは言論弾圧サイト!」

2021年7月26日 配信

コメント削除対応にユーザーの不満爆発、「タイハイパーは言論弾圧サイト!」

本サイト「タイランドハイパーリンクス(タイハイパー)」に設置されたコメント欄。各記事に、ユーザー各々が意見や感想を書けるようになっているのですが、そこでの本サイトの削除対応に一部ユーザーから不満の声が挙がっています。



本サイトの記事ページにコメント欄を設置したのが、新型コロナ第1波によるロックダウン最中の2020年4月のこと。お誘いをいただく形で導入し、徐々に認知されるようになり、今ではコメント欄を目当てに本サイトを訪れる方も少なくないようで、多い時で1日1000近くものコメントをいただけるようになりました。しかし2021年7月25日、本サイトのコメント欄の削除対応をめぐり、一部ユーザーの不満が爆発する形になったのです。

本サイトでは、多くの人びとに平和に、そして分かりやすくコメント欄を利用していただきたいとの思いから、誹謗中傷、一般個人について、人を見下すようなコメント、乱暴な言葉使いはもちろんのこと、記事と無関係のもの、記事内容を大きく否定するものや、本サイトへの批判などを、積極的に削除してきました。また何度もしつこく繰り返されるフレーズや内容も、ユーザーの「いい加減にして欲しい」という要望を汲み取って、削除やNG対応も行ってきました。なお本サイトのコメント欄は、問題のあるものはAI判定で自動削除されるのに加え、NGワードの設定が出来るようになっています。NGワードに設定したものは、コメント欄に表示されません。

コメント欄の利用には規約を設けており、ユーザーがコメント送信ボタンを押すことで、その規約に同意をしたとみなしています。その規約は手っ取り早く言えば「残すも削除するも、本サイトにおまかせ」というもの。本サイトからすると、「きっと多くのユーザーは規約を読んでいないのだろう」と思いつつも、「規約にあるから」という理由でじゃんじゃん削除を実施し、NGワードを追加してきました。また削除の理由も説明の必要はないと定めているため、削除理由は伝えませんでした。

しかしコメント数が増加するに連れて削除、そしてNGワードの設定がエスカレート。遂には「氷」や「コロッケ」「ハンバーグ」などもNGワードに追加され、設定した側が「なんなんだこれは?」と訳のわからない状態に陥ってきたのです。そしてコメント欄に強い思いを持つ一部ユーザーの不満が爆発。ありとあらゆる本サイトへの不満がこのページのコメント欄に書き込まれ、炎上することとなりました。

「削除するならはじめからコメント欄を作るな」「都合の悪い事は削除」「情報操作だ」「言論弾圧だ」「表現の自由はどこに行った」「まるで北朝鮮」「誤字の指摘が削除された」「運営は頭がおかしい」といった削除へ不満から(NGワードで表示されていないものもあります)、これまで何度となくコメントされてきた「パクリサイトだ」「ステマだろ」「ここはゴミ溜め」「飛ばし記事はやめろ」「PV稼げるなら何でもOKなのか」「決定事項だけ記事にしろ」といった記事作成への不満まで様々でした。

記事作成への不満は置いておくとして、確かにコメント欄の削除やNGワード設定には確かにやりすぎの部分もありました。ご不便をかけた方々にはお詫び申し上げます。ごめんなさい(_ _)。

さて、今後の対応ですが、個人・団体等への誹謗中傷、実名等を含む一般個人について、尊厳を傷つけるもの、差別、乱暴な言葉使い、罵り合い、記事とは全く関係のないものはこれまで通り遠慮なく削除とさせていただきますが、多少の脱線や本サイトへの度を超えない範囲での批判等は様子を見ることといたします。またコメント欄の設置は「タイランドニュース」と「バンコク通信」のみに限定させていただきます。(設定忘れの時は後から削除になることもありますので、ご容赦ください。)(明らかに荒れることがわかっている場合は、タイランドニュースでもコメント欄が非表示になる場合があります)

なお炎上したこのページのコメントは、暫くした後に削除させていただきますので、残して置きたい方はお早めにスクリーンショットやウェブ魚拓などで保存をしてください。

タイランドハイパーリンクス(タイハイパー)のコメント欄は「明るく!楽しく!激しく!」がモットー。「激しく」は乱暴、暴れるという意味でなく、鋭い角度で記事に切り込む激しさでお願いできればと思います。

しかし対応するのは人間。今後も、もしかしたらブレブレになり、ユーザーの怒りを買うこともあるかもしれません。その時は「またやった・・・どうしようもない運営だ・・・」と寛大な心で接していただけると嬉しいです。

それでは今後とも宜しくお願いいたします。