THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイの6空港でデジタル化へ、「Greenfield」システムを導入

2021年6月30日 配信

タイの6空港でデジタル化へ、「Greenfield」システムを導入

タイ空港公社(AOT)は、海外旅行再開後の2022年に見込まれる観光客の流入に備えて、バンコクのスワンナプーム空港をはじめとする6つの空港のデジタル化に取り組んでいます。2021年6月30日に国営メディアNNTが伝えています。



AOTのニティナイ・シリサマタカーン社長は、これまでにAOTが開発したのは、スマートフォンやその他の自動機器を使って、チェックインや荷物の積み込みなどの様々なサービスを利用できる「Greenfield」システムだと述べました。

また、2021年7月​までに新システムを導入するスワンナプーム空港を含めて、2022年までに6つの空港に新技術を導入し、2022年4月か5月までには、プーケット空港に新システムを導入する予定とのことです。

社長によると「Greenfield」では、手荷物を持っていない乗客は、空港のキオスクや自宅でアプリからチェックインできるといいいます。手荷物を積み込む必要がある場合、チェックインカウンターには乗客の身元を確認する生体認証システムがあり、セルフサービスの手荷物ローダーを使って荷物を積み込むことができます。なお空港は、IDカードを確認する代わりに、顔認識システムを使って乗客を選別することになります。

 

▼関連記事
スワンナプーム空港にセルフチェックインと自動手荷物預けシステム導入