THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

ムクダハンの「ムクダ タイガーズー&ファーム」に密輸トラ

2021年3月10日 配信

トラのイメージ写真。記事中のトラとは関係ありません。

タイ国立公園・野生動物・植物保全局(Department of National Park, Wildlife, and Plant Conservation: DNP)は2021年3月9日(火)、タイ東北部ムクダハン県のトラを飼育する動物園「ムクダ タイガーズー&ファーム(Mukda Tiger Zoo and Farm、มุกดาสวนเสือและฟาร์ม)」の経営者が、許可なく野生動物を所有し、当局に虚偽の主張をしたとして起訴された明らかにしました。



報道によるとタイ国立公園・野生動物・植物保全局が、2020年11月に実施された「ムクダ タイガーズー&ファーム」の強制捜査で押収した3頭のトラのDNA検査を実施したところ、他の飼育されているトラとは親子関係などはなく無関係だということが明らかになり、密輸されたトラである可能性が強まりました。

タイ国立公園・野生動物・植物保全局は、野生動物の違法取引と偽証罪で「ムクダ タイガーズー&ファーム」の経営者を起訴。動物園を30日間閉鎖するように命じました。なお免許の撤回により、動物園が無期限に閉鎖される可能性もあるようです。

タイ野生生物フレンズ財団によると、ラオスとの国境に近い「ムクダ タイガーズー&ファーム」は、近隣諸国に密輸される野生動物のための収容施設として利用されているとのこと。