THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

コンサートのため韓国人歌手パク・ユチョン(元JYJ)がタイ入国、マスク未着用で批判殺到は誤解

2020年11月10日 配信

コンサートのため韓国人歌手パク・ユチョン(元JYJ)がタイ入国、マスク未着用で批判殺到は誤解

新型コロナウイルス感染拡大の影響で多くの外国人アーティストはタイでのイベントが開催出来ない状態ですが、韓国人歌手で元JYJのパク・ユチョンさんは、2020年11月28日にバンコク・ユニオンモールにてコンサートを開催します。



ところが先日、タイに入国したパク・ユチョンさんが、新型コロナウイルス感染対策のマスクを着用していない姿の動画がインターネットで拡散されました。拡散された内容は、「11月2日にタイに入国したパク・ユチョンが、検疫義務の最中であるにもかかわらずマスクを着用していない」というものでした。

パク・ユチョンさんは2019年7月に、麻薬犯罪で起訴されて懲役10カ月、執行猶予2年を言い渡されています。そんな中でも芸能活動を継続していることで、韓国では大きな批判が集まっているのだとか。そんな中での新たな“問題行動”に、更に批判が集まったのです。

これらの出来事を受けてパク・ユチョンさんのバンコクでのコンサートを主催するザ・ナンバーナイン社は11月7日、一連の批判が誤解によるものであるとの声明を発表しました。

同社によると、パク・ユチョンさんはチームと一緒に9月19日にタイに到着しており、14日間の隔離検疫は適切に終了。拡散された11月2日の映像は、テレビ局のビルで撮影されたもので、コンサートで流される映像の撮影のためテレビ局の承認を得てマスクをはずしていたのだとか。

同社は、パク・ユチョンさんがマスクを着用していなかったことへの批判は誤解であるため、間違った情報を流さないようにお願いをしています。