THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

覚せい剤30キロを販売目的所持で逮捕「バスのチケットを売るより儲かった」

2020年11月1日 配信

覚せい剤30キロを販売目的所持で逮捕「バスのチケットを売るより儲かった」

タイ警察はバンコク・バーンケー区で2020年10月30日(金)、覚せい剤を所持していたとして、元バスのチケット販売の29歳の男を逮捕しました。



各報道によると警察は、ナイトクラブで麻薬を売っている男がいるとの情報を得て捜査を開始。10月30日になってラックソンにある男の自宅で逮捕となりました。警察は、32.22キログラムの覚せい剤と1.59グラムのヘロインを押収しています。

男は警察の取り調べに対して、以前はバンコクのバスチケット販売をしていたが、退職したのちに麻薬の販売を開始。バスのチケット販売の給料は安いため、麻薬を販売する方が儲かったと語っています。

なお男は、10年ほど前にも麻薬所持で逮捕され、3年間服役していたとのことです。

Former Bangkok bus ticket vendor arrested with 30 kilograms of crystal methamphetamine