THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

売春で摘発されたバーの外国人オーナー、強制送還でタイ入国ブラックリスト入り

2019年6月26日 配信

先日お伝えした、タイ東部のビーチリゾート・パタヤで売春が行われるバーが摘発されたというニュース。17歳の未成年もホステスとして在籍していたとのことで、人身売買かとも言われています。(参照 パタヤビーチ通りソイ6のバーを急襲、Coming barで未成年売春を摘発



摘発されたのはパタヤビーチ通りソイ6の「Coming bar」。売春、さらには未成年売春により、タイとパタヤと観光イメージを傷つけたということで、当局は5年間のバー閉鎖を命じました。

実は「Coming bar」は、タイ人、中国人、台湾人オーナーによる共同経営でした。今回の摘発で、中国人と台湾人のオーナーは強制送還となり、タイ入国ブラックリスト入りするとのことです。

「Coming bar」に限らず、外国人オーナーのバーやマッサージ店で売春が行われていることは公然の事実。「日本人オーナーが強制送還!タイ入国禁止」などとならぬように、十分お気をつけください。

パタヤの売春バーの外国人オーナー、強制送還でブラックリスト入り

多くのバーが並ぶウォーキングストリート。今回摘発されたバーは、別の場所です。

 

▼関連記事
パタヤビーチ通りソイ6のバーを急襲、Coming barで未成年売春を摘発