THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ人の長過ぎる名前で予約・搭乗トラブル、タイ航空が謝罪

2018年5月4日 配信

タイ人の長過ぎる名前で予約・搭乗トラブル、タイ航空が謝罪

タイ人の名前は長い。例えば、先日タイで最も権威のある映画賞である「スパンナホン賞」で最優秀主演女優賞を獲得したオークべッブさんの本名はチュティモン・チュンチャルーンスクイン。これをアルファベット表記にすると、Chutimon Chuengcharoensukying。なんと名字の部分だけで20文字にもなります。



バンコク発シンガポール行きのタイ航空のチケットを購入したAさんの妻子もまた、長い名前を持っています。Aさんはタイ航空の公式ウエブサイトでチケットを購入した際に妻子の名前を記載したところ、名前が長すぎるという警告メッセージが表示されたため、名前を短縮して記載せざるを得なかったのだとか。

そして出発の日。Aさんらが空港でのチェックインをする際、予約者と実際の搭乗者の名前が不一致ということで、搭乗するには名義変更料として3000バーツを支払ったのです。

Aさんはこの件についてインターネット掲示板に投稿すると、大きな話題に。メディアにもニュースとして取り上げられ、広く知られることになりました。

これを受けてタイ航空は2018年5月4日、公式に声明を発表。タイ航空によると、公式サイトの予約ページでは性と名はそれぞれ25文字までしか入力できないシステムであり、それ以上長い名前を入力すると警告メッセージがでることが判明したとのこと。Aさんには不便をかけたことを謝罪した上で、名義変更料の返金を行います。