THAILAND HYPERLINKS :タイ旅行やタイ生活とタイエンターテイメントのポータルサイト
agoda バンコクの格安ホテル予約

タイ旅行が中国人に大人気、きっかけはコメディ映画「ロスト・イン・タイランド」

2016年3月10日 配信

世界中で『爆買い』する中国人旅行者~中国人に大人気の観光地タイ

ユーロモニターは、「世界中で『爆買い』する中国人旅行者」に関する報告書を発表。タイに関する報告によると、タイへの中国人旅行者の数は、2010年以降急増しているそうです。

 

中国人旅行者がタイに殺到する理由

まずはこちらをご覧ください。

強力ガソリン添加剤の開発に成功したシューは、タイに滞在する大株主の同意を取り付けて大儲けしようと、バンコクへ。一方、開発パートナーのガオも、別の企みから密かにシューの後を追っていた。偶然機内に居合わせたワンも巻き添えに、3人の中国人の一触即発タイ珍道中が始まる!

2012年に中国で公開された「Lost in Thailand(人再囧途之泰囧)」というコメディ映画です。この作品が大ヒットしたことで、中国人のタイへの関心が一気に高まったそうです。この映画の影響で中国からの観光客が2012年から2013年にかけて1.6倍に急騰し、年間の中国人旅行者数が460万人を超え、なんと2015年には700万人に達しました。報告では、「観光はタイ経済において重要な位置付けにあり、2015年ではGDPの9%を占めています。この意味で、タイの経済は中国人旅行者に大きく依存していると言えるでしょう」としています。

 

中国人に人気のタイのエリア

報告によると、一番人気のタイでの旅行先は買い物で便利なバンコクと、「Lost in Thailand」の撮影地のチェンマイと、プーケット。バンコクでは「爆買い」で大量のブランド品が購入されているそうです。

 

タイ旅行の中国人激増のもう一つの理由と今後

中国人にタイ旅行が人気の理由はビザ要件が緩和されたこと。日本にタイ人旅行社が殺到したのもビザ要件の緩和でした(現在タイ人はビザ不要で日本入国が可能)。更に報告では、「2020年には中国とタイを結ぶ鉄道が開通することなどから、引き続きタイは中国人にとって人気のある旅行先であり続けるでしょう。」としています。中国人観光客のマナー違反も問題になることが多いタイですが、今後もますますタイを訪れる中国人が増えそうです。

新着記事

インク=ワラントーン パオニン(Ink-Waruntorn Paonil)4
タイで見つけた韓国版かっぱえっびせん風スナック、本家とのソックリ具合はHANAMIの比じゃなかった!
福岡にタイ総領事館の新設決定、2018年10月にも
タイで「スマートビザ」が2018年2月1日より開始、高技能の外国人専門家を迎える
「アマラ バンコク ホテル」が春節の特別割引を実施
【タイで日本人が詐欺被害】なりすまし店員に注意!お金を支払わせてドロン