タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

40歳以上のおやじ達400名がサッカーをやりにバンコクに集結 -第13回OJIN Cup in BKK-

2017年7月24日 配信

アジア各国・地域の日本人サッカーチームが実力を競い合うサッカー大会、J-ASIA Cup。このJ-ASIA Cupの40歳以上の選手達のための大会が”OJIN Cup”というそうで、13回目を迎えるこのOJIN Cupは今回バンコク開催。「”いとたく”出てみない!?」とチームメイトに誘われ、軽い気持ちで参加を決めたんだけど…

朝5時半集合、大型バス15台にてグランドへ移動。この時点で”とんでもねぇ大会だ”と思ったね。この大会のために日本から参加している選手は数知れず、中にはアメリカから参加してますなんて選手も。やれ”上海は2連覇中”だの”バンコクは優勝したことがない”など色んな情報が耳に入ってきた。

総参加17チーム、400名近くの選手達が集結。フルピッチ4面を使っての大会運営。こりゃあ天辺目指し甲斐があるってもんでしょう!!俺はJASバンコクチームの一員として参加、4年ぶりにみんなとフルピッチでボールを蹴ったんだけど…みんな動けなくなっていたなぁ、俺も含めてね。”昔とは(身体が)違うんだ”ということを受け入れながらプレーしなきゃいけないんだけど、改めてボールを蹴ってみて”50歳でプレーを続けているKAZU選手は”凄い”なんて言葉では片付けられませんね。

予選は4グループに分かれて総当たりのリーグ戦(25分1本)。その後上位トーナメントと下位トーナメントに分かれ総合順位を決める(25分1本)。決勝のみ15分ハーフとなる。初優勝を目指す選手達と大会を運営しながら試合の応援も”熱く”してくれた40歳未満のJASメンバー達の同じベクトルの想いが上手く重なり大会を通じて結果として強固なチームになれた様に感じた。苦しい準々決勝、準決勝の戦い…PK戦を制することにより決勝戦を迎えた時には自然と勝利を確信出来たからね。40歳以上の”おやじ達”の試合で再び”熱さ”を感じ、”優勝”に向けてチームが成長していけるとは、つくづくサッカーって素晴らしいスポーツだよね。

そしてやっぱり”祝勝会”もセットで最高の喜びを感じたOJIN Cupバンコク大会でありました。

伊藤琢矢(いとたく)
アマチュアに拘りプレーを続けた20代。33歳でのプロ契約を期にJリーガーを目指す事に。大宮・岡山・北九州とJリーグ昇格に携わり、自身は36歳でJのピッチに立った。2011年よりタイに活躍の場を移した「夢追人」。
いとたくブログ『夢追人』
Regista in Thailand

新着記事

パトリシア・グッドらが登場!タイ発「MADE OF FABRIC」最新コレクションファッションショー開催
BNK48握手会にファン3000人!「恋するフォーチュンクッキー」MV初公開&劇場オープンも発表
EDMフェス「808 FESTIVAL BANGKOK 2017」出演者ラインナップ発表
塩漬け魚のチャーハン「カオパットプラーケム」
チェンマイ&チェンライを訪れた高杉真宙のタイの旅動画「はじめてのタイ」予告編公開
トンロー通りソイ9「makro」、ここでの買い物だけで飲食店ができそう!