THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイでライドヘイリングが合法化、個人所有の車両で配車が可能に

2021年6月27日 配信

タイでライドヘイリングが合法化、個人所有の車両で配車が可能に

タクシーの代わりに利用できるGrabやBoltといったライドヘイリング(配車)サービスが合法化され、タイ官報に掲載されました。国営ニュースメディアNNTが伝えています。



タイ運輸省によると、ライドヘイリング(配車)サービスを対象とした規則が官報に掲載され、規則が施行されました。

規則によると、個人所有の車両を使ってライドヘイリング(配車)サービスを提供することが認められます。1人あたり1台の車両を登録することができ、運転手はタイ運輸省陸運局が承認した電子通信システムを装備しなければなりません。

小型・中型車の場合、初乗り運賃は最初の2kmまでは50バーツ以下、その後は1kmごとに12バーツ以下となります。大型車の場合、初乗り運賃は最初の2kmまでは200バーツ以下、その後は1kmごとに30バーツ以下となります。

陸運局(DLT)は今後、関係各所に意見を求め、30日以内にサービス事業者やサービスに使用するアプリケーションをサポートする基準を発表する予定です。

 

▼関連記事
タクシー配車サービスの自家用車使用が合法化へ、タクシー業界は不公平と反発