THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

バンコクの飲食店は6月21日より規制緩和~23時まで店内飲食可能に、座席は5割まで、酒は不可

2021年6月18日 配信

タイCOVID-19状況管理センター<the Centre for Covid-19 Situation Administration:CCSA>は2021年6月18日(金)の会見で、新型コロナウイルス感染危険度別の区分け変更を発表。また6月21日(月)からの規制緩和を発表しました。



区分けは、感染危険度の最も高い「ダークレッドゾーン」は、バンコク、ノンタブリー、パトゥムターニー、サムットプラカンの4都県です。

次に危険度の高い「レッドゾーン」は、チャチューンサオ、チョンブリ、トラン、ナコンパトム、パッタニー、ペッチャブリ、ソンクラー、サムットサコン、サラブリ、ヤラー、ナラティワートの11県です。

規制緩和についてはバンコクなどの「ダークレッドゾーン」では、これまで店内飲食が許可されたのは午後9時まででしたが、6月21日からは午後11時までとなります。また使用できる座席もこれまでの25%から50%に変更になります。なおアルコール類の提供は、引き続き不可です。

タイ 陽性3,058人/バンコク867人/プーケット5人/刑務所459人[2021年6月18日発表]