THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

パンガン島の薬局で外国人男が店員に暴行、外国人男は以前にサムイ島でも同様の事件

2020年7月2日 配信

パンガン島の薬局で外国人男が店員に暴行、外国人男は以前にサムイ島でも同様の事件

タイ南部のリゾートアイランド・パンガン島。平常時であれば満月の夜は、島東部のハドリンビーチでフルムーンパーティーが開催され、多くの外国人観光客で溢れるのですが、今は新型コロナウイルスのため閑散としています。



そんな中の2020年6月28日午後1時頃、ハドリンビーチのノッパポーン薬局で、外国人の男が店員に暴行する事件が発生しました。

ノッパポーン薬局の防犯カメラの映像には、上半身裸の体の大きな外国人男と店員が口論した後、外国人男が店員の胸ぐらをつかみ、平手打ちをする様子が捉えられていました。

各報道によると、外国人男は数日前にノッパポーン薬局で薬を購入。しかし症状が改善しなかったとして、600バーツの返金を求めました。外国人男は暴行後、600バーツを受け取って店を出たとのこと。

なお外国人の男は2020年3月14日にタイに入国し、2020年4月12日までの滞在許可を得ていたアメリカ人。(現在タイでは、新型コロナウイルスの影響で出国が困難なことから、全ての外国人に7月31日までの滞在許可を与えています。)

被害を受けたノッパポーン薬局の店員は被害届は出さないとのことですが、外国人男は以前にサムイ島のレンタルバイク店でも同様のトラブルを起こしていたことから、警察は外国人男の行方を探しています。

Koh Phangan: Hunt on for foreigner who attacked pharmacist https://bit.ly/2BU4JjA

ThaiVisa.com News – The Nationさんの投稿 2020年7月1日水曜日