THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

日本大使館からのお知らせ(UDD デモ) 2010年5月13日その2

2015年9月21日 配信

反独裁民主戦線(UDD)等によるデモ集会・行進実施に関する注意喚起
(2010年5月13日18:00現在)

1.13日(木)、タイ政府は、UDDがデモを終了させないことを理由に、11月に選挙を実施するとの提案を撤回し、UDDが抗議活動を行っているラチャプラソン交差点付近を本13日午後6時より封鎖する旨発表しました。

2.タイ政府側は、本日午後6時以降、パヤタイ通り、ペブリ通り、ワイヤレス通り、ラマ4世通り及び同通りで囲まれた地域(別添地図参照)について、水、電気の供給を停止し、電話回線(含む携帯電話)を遮断し、治安部隊を動員してタクシー及びバスの出入りを止め、BTS等公共交通機関の駅を閉鎖する(BTSプルンチット、チットロム、サイアム、ラチャダムリ、地下鉄シーロム、ルンピニ)、としています。また、域内の事業所については14日(金)の休業を要請しています。

3.既に検問は始まっています。一般車両の通行については認められる模様ですが、身分証明書(旅券、労働許可書、会社ID等)の提示が求められることもあるようです。上記場所における治安当局検問所からの通行は可能のようです。また、水、電気、電話については、現時点で供給が続いている模様ですが、今後、停止・遮断される可能性がありますので、引き続き注意してください。

4.この政府側のインフラ等封鎖の発表を受けてUDDは反発を強め、UDD占拠地域を中心に緊張が高まっていますので、上記封鎖予定の地域にはできるだけ近づかないようにしてください。また、周辺では交通の混乱等も予想されますので、迂回措置をとるなど注意してください。これら地域に滞在する在留邦人、邦人旅行者については、不測の事態に備え、厳に不要不急の外出は控えて下さい。

5.なお、4月23日バンコク都に対して外務省の危険情報を「渡航の是非を検討してください」に引き上げられましたので、詳細につきましては外務省ホームページ(http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=007#header)をご確認下さい。

【ご参考】
【日本語メディア】
インターネット
・バンコク週報  http://www.bangkokshuho.com/
・ダコ・ニュースクリップ  http://www.newsclip.be/
ラジオ
・Jチャンネル24: FM93.75(インターネット http://j-channel.jp/
【英語メディア】
インターネット
・バンコクポスト紙  http://www.bangkokpost.com/
・ネーション紙  http://www.nationmultimedia.com/home/
・MCOT  http://www.mcot.net/EnglishNews
ラジオ
・Wave FM88 FM88
・95.5VirginHitz FM95.5

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511

在タイ日本国大使館
Embassy of Japan in Thailand