THAILAND HYPERLINKS :タイ旅行やタイ生活とタイエンターテイメントのポータルサイト
agoda バンコクの格安ホテル予約

かつての大丸ラチャダムリ店(バンコク)にはタイ初のエスカレーターが設置された

2016年8月23日 配信


2016年現在、タイに出店している日系デパートと言えば伊勢丹と東急の2つ。また2017年には高島屋の出店もひかえていますが、かつてバンコクには大丸が出店していたことをご存知の方はどのくらいいるのでしょうか?



大丸がタイ進出1号店となるラチャダムリ店を開店したのが1964年12月10日。店舗を構えたのが、現在のセントラルワールドや伊勢丹の向かいにある、BigCラチャダムリ店のある場所でした。大丸はタイ初の日系デパートとして、これまでタイになかった日本のファッションや雑貨を取り扱うことで話題を呼び、さらにタイで初めてエスカレーターが設置された最新設備のデパートだったのだそうです。

大丸内のエスカレーターと当時の広告

しかし大丸のタイ進出は、成功と言えるものではありませんでした。1980年にBTSプラカノン駅ができることを見通してプラカノン店を開店したものの、BTS計画が遅れに遅れてBTSの開通を待つことなく、プラカノン店は1997年に閉店。1998年には、日本のバブル崩壊の不況やバンコクで次々と大型ショッピングセンターが開業したことによる過当競争もあって、大丸はタイからの撤退を発表。大丸が所有する全株式を現地企業のプレミアグル ープに譲渡することになりました。

大丸は1998年のうちにラチャダムリ店を閉店し、現在パラダイスパークとなっているセーリーセンター内にシーナカリン店を開店しましたが、1999年には閉店し、大丸の名前がタイから消えたのでした。

(参考)
欧米および地場系流通企業の新興国戦略|日本貿易振興機構
小売業の国際展開に関する調査報告書|経済産業省
わが国流通業のアジア進出 岡本喜裕
ケース『現代企業家の戦略的役割』の製作

[関連記事]
バンコクに日系のデパートはありますか?|解決タイランド

新着記事

タイ人のパスポート、10年有効を発行へ
成田空港第3ターミナル増築へ、LCCの成長で
バンコクのタクシー
空港に向かう日本人をトイレに置き去り、タクシー運転手の確認ミスで
乃木坂46 白石麻衣と松村沙友理の「こんなタイ、知らなかった。 クッキング篇」の動画公開
オートバイ走行中にケーブルで女性の首切断、タイ東北部コンケーン
ふじっぴーが描かれた「静岡茶」がICHITANから新発売