THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ・タバコ専売公社が大麻を栽培、抽出物を製造

2021年3月23日 配信

タイ・タバコ専売公社(The Tobacco Authority of Thailand)は政府薬務機関と協力して、医療目的のために大麻と大麻の抽出物を製造することになりました。



サンティ・プロームパット(สันติ พร้อมพัฒน์)財務副大臣によるとタイ・タバコ専売公社は、医薬品やその他の製品に使用するための抽出物を製造するための大麻を供給するために、製薬機構と提携するよう指示されているといいます。

この提携は、タイ・タバコ専売公社がたばこ葉の購入を減らしたため、收入が減少したたばこ農家の収入を増やすことを目的としています。

財務副大臣によると以前は年間3,000万キログラムだったという、タイ・タバコ専売公社が農家から購入するタバコ葉は、現在は年間1,300万キログラム減少しています。しかし大麻の規制緩和が進んだことで、たばこ農家がたばこ栽培から大麻栽培にシフトすることで、より多くの收入を得られるようになったとのこと。調査によると、現在大麻の生産による1ライあたりの収入は平均15万バーツで、タバコの生産による1ライあたりの収入2万3,000バーツをはるかに上回っているといいます。

タイ・タバコ専売公社パヌポール・ラッタナカンジャナパトラ総裁は3月初め、医療や化粧品に使用できる大麻を栽培・生産する権限をタイ・タバコ専売公社に与えるための省令を起草していると述べています。

The Tobacco Authority of Thailand (TOAT) is teaming up with the Government Pharmaceutical Organization (GPO) to produce…

NNT- National News Bureau of Thailandさんの投稿 2021年3月22日月曜日