THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

AKAI独占インタビュー in タイ・バンコク〜アメリカデビューに向けて

2018年5月20日 配信

AKAI独占インタビュー in タイ・バンコク〜アメリカデビューに向けて

シンガソングライターとして、日本の映画主題歌や数々のCMソングを手がけてきたAKAIさんが、念願だったアメリカでのデビューを実現。この2018年4月より、本格的に活動をスタートさせました。

アメリカデビューを直前に控えたAKAIさんがこの2月、撮影のためにバンコクを訪問。この機会に、これまで仕事やプライベートで何度も訪れたタイについてのお話や今後の活動についてのお話をお聞きました。(プルマン バンコク ホテル Gにて)



日本から世界へ!念願のアメリカデビュー

--なんとアメリカでデビューされるのだとか!

日本では歌手であり、コンポーザー(作詞作曲家)として活動しています。主に、ハウス食品、花王、まるか食品、ブライダルハウスTUTUなど 企業のCMなどをメインにお仕事させて頂いています。幼い頃からのアメリカでデビューすることは大きな夢であり、今年アメリカのエージェントと契約できたことが未だに夢のようですが。

--AKAIという名前はどういう由来なんですか?

AKAIの意味は日本語では「赤い」ですけど、アメリカではよく名前の意味を聞かれるので、その際には、「パッション」、「情熱」という強い女性のイメージと。アメリカでの活動があるので、ローマ字表記にしました。

--アメリカでの活動について教えてください。

もともとアメリカで活動したいという希望があって、2006年からニューヨークと日本を行ったり来たりしているんです。ただ、これまではビザなどの問題もあって、仕事として歌わせていただくことが出来なくて、悔しさもあったんです。

--タイもそうですが、海外での活動するビザも簡単ではないですからね。

はい、本当にそうなんです。今までいくつもオーディションをしてきましたが、中々良い結果に繋がらず、今回初めてアメリカのエージェントと契約が決まり、アーティストビザを頂けることとなりまして、やっとアメリカでの活動をスタートすることができるようになりました。

--トランプ大統領に変わってから、ビザがこれまで以上に難しくなったと伺いましたが?

思った以上にビザを申請するまでにも時間がかかり、弁護士さんと一緒に膨大な資料を集めたり、翻訳し、今まで仕事をしてきた海外のクライアント、日本の企業の方々に推薦書を書いてもらったりと、日本で活動してきたことが、今の私に繋がってると思い知らせてもらえた良い機会でもありました。私もそうでしたが、アーティストビザをとる過程に悩んでいる方が多いと思います。意外にインターネットにも良い情報があまり書いていなかったので、私からのアドバイスとしては、弁護士さんに頼らず、自分でも申請もできるそうですが、ある程度リスクがなく、アドバイスをもらえることを考えると弁護士さんにお願いすることをお勧めします。

AKAI独占インタビュー in タイ・バンコク〜アメリカデビューに向けて

--イベントなどにも出演されるんですか。

日本では、9月10月にパラリンピア、スポーツ選手、ミュージシャン、文化人が共鳴し合うビッグイベント「スポーツオブハート」が今年も東京大分で開催されます。こちらのCMソングとアンバサダーを務めていますので、こちらのイベントにも出演させていただきます。私の公式ウェブサイトからライブの情報なども掲載していきますので是非チェックしてください!

--ライブの演出に、着物を着たり和楽器を使ったり、日本文化を発信するようなパフォーマンスもされていましたね。

海外は特に花魁のスタイルだったり、和楽器を使用したパーフォーマンスは目を引くというところもあるので、イベントによっては取り入れるようにしています。日本を出るとより日本の良さが改めて分かるので、もっと海外の方々に日本の伝統的な文化を伝えられたらと思っています。

 

度々訪れるタイ、大好きなタイ料理

--タイにいらっしゃったこともあるんですね。

何度かタイにお仕事で来ています。ホテルのイベントだったり、日本のコミュニティのイベントなどで呼んでいただき、歌わせていただきました。

--今回の訪タイの目的はなんですか?

今回は、バンコクを中心にInstagramや雑誌の撮影で来ています。水上マーケットや寺院、人気のカフェなどで、AKAIのInstagramの写真の撮影をしてきました。

--以前はどんな所に行かれたんですか?

実は昨年の11月にコムローイ祭りに来たばっかりなんです。プライベートだったんですけどチェンマイ、クラビー、ピピ島に行って、すごくいいなーって(笑)。タイに住むお友達も多いので、訪れる機会はあるのですが、バンコクは今回でまだ2回目です(笑)。寝釈迦のあるワット・ポーには今日の朝に初めて行ってきました(笑)

#Krabi #thailand #beautiful #beach

AKAIさん(@akai_singer)がシェアした投稿 –

--タイの印象はいかがでしょうか?

毎回バンコクの皆さんには温かく迎えて頂いて、また親日の方が多くて本当にありがたいですね!

--タイ料理はいかがですか?

パクチーが大好きなんですよ。タイ料理なら毎日食べられるくらい好きなんですね。タイに来るとタイ料理をいっぱい食べたいんです。日本はパクチー高いんですよね。こっちはいっぱいあるじゃないですか。「やったー!」って(笑)。アメリカでもタイ料理よく行きます!またパクチーが安いので、お家でタイ料理も作りますよ!

--特に好きなタイ料理は?

パットシーウも好きですけど、パッタイですね!

パッタイ

パッタイ

この前タイに来た時なんて、タイ料理が美味しくて食べ過ぎたのか、ちょっと体調が悪くなったんですよ。「すぐに病院に行け」ってなって、初めて現地の病院に行ったんですね。そうしたらまだ歩けるのに、入口で看護婦さんが車椅子を持ってきてくれて「おまたせしました!」って(笑)。日本じゃ入口で車椅子でお迎えってありえないじゃないですか(笑)。そうしたら直ぐに先生のところにいって診察がはじまって・・・。日本では大きな病院って凄く待つじゃないですか!それが全然待たずに・・・。「車椅子いらないんだけど」、「そこそこ元気なんだけど」って(笑)。タイの病院って凄いですね。テイクケアが素晴らしくて、ビックリしました。

--だいぶタイが気に入られたみたいですね(笑)。「タイに住みませんか?」と言われたらどうします?

住めると思います(笑)。毎日タイ料理とマッサージ行きたいですね。(笑)

--タイは親日の方が多いというお話がありましたが・・・。

海外に出ると、「おもてなしとは何か?」とか「旨味とは何かと?」か聞かれるんですよ。どうやって答えて良いかわからなくて、もっと私が日本の事を勉強しないといけないというか(笑)。「英語でなんて表現したらいいんだろう?」と海外の方に気付かされるというか。
特に言われるのは「日本はホスピタリティが素晴らしいよね」って。自分では当たり前と思っていたことが、海外ではそうじゃないんだなと、痛感することが沢山ありますね。改めて外にでると日本は素晴らしい国なんだな、と思いますね。

AKAI独占インタビュー in タイ・バンコク〜アメリカデビューに向けて

 

日本旅行ブームのタイ、AKAIのおすすめは・・・

--タイの人が日本に行った場合のオススメの場所ってありますか?

わたし最近日本にあんまりいないんですよね(笑)
(しばらく考えて・・・)私の田舎が和歌山なんですね・・・。世界遺産の熊野古道とか最近海外の旅行者が多いんです。南紀白浜空港があって、東京からだと50分で行ける場所なんです。川の中で湧き出る天然温泉、美しい海、美しい山があって大自然を感じられる本当に素敵な場所なんです。温泉や自然が好きな方は是非、和歌山南紀白浜に行ってほしいなと思います。特に高野山の熊野本宮大社は、神が宿っていると感じられるほど。毎年のように小さな頃から家族とお参りします。和歌山は梅干しミカンで有名ですが、是非ごま豆腐も食べて下さい!私の大好物です!

--パワースポットですね!

和歌山自体が日本人の方に聞いても、余り知られていない様なんで(笑)。大阪は知ってるけど和歌山ってどこ?みたいな(笑)。そんな和歌山に、タイに住んでる皆さん是非一度は遊びに行ってみてください!

--本日はありがとうございました。

AKAI
Profile 幼少期から音楽の才能に溢れ数多くのコンテストで入賞。
アジア 、アメリカと世界の舞台で多くの観客を魅了し、その名を広く知られるようになった。
|JAZZやSOUL、R&B等の影響を受けたAKAIが創り出す独自の世界観と彼女の華奢な身体から発する力強い歌声は、聴く人々の感情を揺さぶり虜にする。ビブラートのかかったハスキーボイスは「天性の歌声」と称され高い評価を得ている。
彼女の今後のグローバルな活躍に目が離せない。▽AKAI 公式HP
http://akaisinger.com/
▽AKAI 公式twitter
https://twitter.com/AKAI__SINGER
▽AKAI 公式Instagram
https://www.instagram.com/akai_singer/
▽iTunesからもYou Can Do It!!!配信開始!
https://itunes.apple.com/jp/album/you-can-do-it/

(インタビュー 梅本昌男)