THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

メーサイ国境からチェンセーンまでの行き方<面倒な遠回り編>

2019年9月4日 配信

タイ側のチェンライ県メーサイとミャンマー側のタチレクとをつなぐ国境。ここから長閑なメコン川沿いの街チェンセーンを目指します。



メーサイ=チェンセーンは水色のソンテウで直通

実は後から知ったのですが、メーサイからチェンセーンまでは直通の水色のソンテウが走っています。ソンテウというのは、トラックを改造したバスで、長い座席が荷台の両サイドに設置してあるもの。乗客同士は向かい合って座り、座れない乗客は中央部分に立つというスタイル。40キロの距離を乗るには、あまり楽なものではありません。

今回それを利用しなかったのですが、その理由はメーサイ国境でチェンセーンまでの行き方を聞いたオジサンが「直通のバスはない」と断言したから(苦笑)。道を聞くにもセカンドオピニオンが必要ですね!

これがそのソンテウですが、途中ゴールデントライアングル公園を通ります。タイ・ミャンマー・ラオスの3カ国が一度に見える公園です。

 

メーサイからメーチャンを経由してチェンセーンに行くという遠回り方法

今回は、メーサイからメーチャンを経由してチェンセーンに行くという、遠回り方法をご紹介します。

チェンセーンまでの行き方を聞いたオジサンより、まずは赤いソンテウに乗ってメーサイのバスターミナルまで行くように言われました。運賃は15バーツ。

15分ほどでメーサイ・バスターミナルに到着。

しかしここからもチェンセーン行きのバスはありません。まずはチェンライ行きの緑バスに乗って、メーチャンまで行く必要があります。タイミングよく、バスがいて、すぐに出発でした。

車掌さんがいるので、運賃25バーツを支払います。

途中警察のチェックポイント。パスポートを提示してください。

そんなこんなで、メーチャンへ到着。するとタイミングよく反対車線にチェンセーン行きの緑バスが現れました。それを見た運転手さんが、チェンセーン行きの緑バスの運転手さんに合図をすると、チェンセーン行きの緑バスは停車。それに乗り換えてチェンセーンへ出発です。運賃は28バーツ。

メーサイ国境から乗り換えること2回。ようやくチェンセーンのバスターミナル(とは言ってもただの路上)に到着したのです。

以上、あまり役に立ちそうもない、メーサイからチェンセーンまで遠回りで行く方法でした。