タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

パープルラインはタイ初の日本製地下鉄車両【TVウォッチング】

2015年12月8日 配信
MRT Purple and Blue Lines

MRT Purple Line (Thai: รถไฟฟ้ามหานคร สายสีม่วง)

最新の経済事情をリポートする経済ドキュメンタリー番組がテレビ東京『未来世紀ジパング』。2015年12月7日放送の回は「池上彰が行く!東南アジア街道900キロ」。池上彰さんが、南部経済回廊で巨大市場の魅力と可能性を新発見するべく、インドシナ半島900キロを走破。最後にただ降り着いたのがタイ・バンコクです。

2016年8月に開業予定の地下鉄の新路線「パープルライン」。ノンタブリ県バンヤイからチャオプラヤー川を渡って、バンコク都バーンスーに繋ぐ全長23キロ、地下鉄 16駅の路線です。実はこの「パープルライン」に使われるのが日本の企業連合(丸紅 東芝 JR東日本)が初めてタイで受注した車両なんです。

2004年に開業したバンコクの地下鉄は、日本の援助もあって完成したものですが、肝心の車両は当初日本製になる予定だったものが、結局はドイツのシーメンス社の車両を採用することになり、日本にとっては残念な結果になっていました。あれから10年以上がたって、ようやく日本製車両がバンコクにお目見えです。

2015年9月にバンコクに運ばれた車両は、タイ側のニーズに対応したもの。納入の直前になって「危険物が押し込まれる可能性があるので、座席の下の隙間をなくして欲しい。」というリクエストがあったそうです。池上さんによると「8月の爆弾テロの影響でしょうか」とうことでした。

map-MRT

地図はmrta.co.thより。

mrt

 

日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~(テレビ東京
毎週月曜夜10時
SHELLY 大平平太郎
http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/

[関連記事]
地下鉄MRTパープルラインが2016年8月6日に正式開通、クローンバーンパイ駅からタオプーン駅へ 

新着記事

2016年に最も邦人援護件数の多かった在外公館は4年連続で在タイ日本国大使館
【ラオス】ビエンチャンのタイ領事館近くの「ノーイさんのフォー屋さん」
スーパー姉ちゃんに一歩でも近づくために -バンコク姉弟の切磋琢磨を綴る-
まさに隠れ家!「ビストロ・バー HIDE OUT」は満足度110%!! 何で110%やねん?それは…
バンコク行き中華航空で泥酔日本人3人が大騒ぎと喫煙、台湾に引き返す
キンバリー アン ウォーテマス ティアムシリ(Kimberley Anne Voltemas Tiamsiri)7