タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

第279回 0221-22 Jom Tien Beach Camp at South PATTHAYA

2016年3月7日 配信

itotaku279-1

今回は2月21~22日に行って来た南パタヤにあるJom Tien BeachへのCampについてのレポート。Creer fcはキャンプばかり行っていると思われるかも知れないけど、それで良いんです。サッカーを絡めたキャンプなりイベントが沢山催されるのもCreer fcの魅力の1つ…。

今回はCreer fcの歴史を刻み続けてくれた中学3年生が受験から帰って来たタイミングで、タイでの最後の思い出を作って貰いたいと敢行。しかも今春は本帰国する選手が小学生にも多いからね。

毎回のキャンプの内容は俺自身”こんなことをやりたい、こんなことを経験させたい”という直感をコーチ陣にブツけてディテールを決めていく。今回のテーマは”花火大会とビーチサッカー”ってことで我が息子Rionにも色々と意見を貰った。「ビーチサッカーの際は裸足でプレーするから軽いボールが良いんじゃない!?」なんて小学1年生とは思えない適格なアドバイス、早速採用させて頂いた。

itotaku279-2

キャンプ自体はCreerのレッスンに参加している全選手対象だったのであるが、それぞれのカテゴリーで試合があったので、夕方に集合してキャンプ地Jom Tien Beachへ訪れた。んで、早速花火大会…スゴい本数をBangkokで買い込んでの花火大会、みんなで手持ち花火をやった後、徐々に大きな花火へ移行していく予定だったのであるが…なんせ打ち上げ花火の音が半端なくてね。”バァン”という尋常で無い音は地元の警察官を呼び込んでしまい…「どっから来た!?日本人」等の面倒くさい職質を受けてたので、あえなく中断となってしまったというハプニング…くっ、笑えない(泣)。

itotaku279-3

気を取り直して翌朝はビーチサッカー大会。やっぱりタイなんだよね、ビーチは綺麗なんだけどゴミが凄ぇの…ゴミ拾いをしながらコートを無理やり2面作ってのキックオフ。普段は厳しさを求めるサッカーをさせているのであるが、みんな今回は”キャッキャ”言いながらEnjoyしてました。

itotaku279-4 itotaku279-5

朝食後はホテルのプールでフリータイム、更に昼食後は地元チームBinlor Unitedと交流試合。日本人チームが珍しいらしく沢山のギャラリーに見守られての試合となりました。このような遠征時の試合は自分達でポジションやシステムまで考えさせてプレーさせるんだけど、最後の中学生大会が近いことも有り、U-15チームに関しては色々なことを試させて貰った。まぁ選手達はビーチサッカーなりプールなりで疲れていたんだろうけどね、しっかり戦っておりました。

これらの催し事がBangkokでの思い出の1ページになれば御の字だね。コーチ達はCreer fcで選手として、そして人としての成長を望む。保護者より「良い顔をして帰ってきました」とのメッセージを貰えて…今回のJom Tien Beach Campも成功させられたのかなぁと感じます(*^^)v。

伊藤琢矢(いとたく)
アマチュアに拘りプレーを続けた20代。33歳でのプロ契約を期にJリーガーを目指す事に。大宮・岡山・北九州とJリーグ昇格に携わり、自身は36歳でJのピッチに立った。2011年よりタイに活躍の場を移した「夢追人」。
いとたくブログ『夢追人』
Regista in Thailand

新着記事

タイ発エナジードリンク「M-150」が日本全国のドン・キホーテで発売開始へ
タイの職人が集う「ハードウェアハウス(Hardwarehouse)」
華僑と華人はどう違うのですか?
トゥクトゥクに誘われて、スーツ仕立て屋に連れて行かれた男の体験談
10月26日に営業するお店と営業しないお店一覧【前国王陛下の火葬の日】
ワット・ポーに着くまでに2千バーツも取られた男が一部始終を語る