タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

スクンビット通りソイ49「常勝軒」で野菜たっぷりの濃厚つけ麺

2017年3月28日 配信

スクンビット通りソイ49「常勝軒」の野菜たっぷりの濃厚つけ麺

あの東池袋大勝軒で修行をした田代浩二さんの「麺屋こうじ」グループが、バンコクで新たにオープンしたラーメン店「常勝軒」に行ってきました。場所はスクンビット通りソイ49を入って奥へ奥へ、サミティベート病院を越えてさらに進むと、左手にあるショッピングモール・RQ49があるので、そこの2階です。

「常勝軒」の店頭の様子。ガラス扉奥がレジと座席と厨房ですね。外にも座席がありますが、やや暑めです。お勧めは涼しい店内席。

スクンビット通りソイ49「常勝軒」の野菜たっぷりの濃厚つけ麺

店頭に置いてあったメニューはこちら。

スクンビット通りソイ49「常勝軒」のメニュー

「常勝軒」のシステムは先払い。お店に入るとすぐ前にレジがあるので、注文したいメニューを選んでお支払いです。

待つこと数分。お待ちかねの「つけ麺」(220バーツ)が運ばれて来ました。野菜とチャーシュー、煮玉子が乗った麺と、スープ。他にも湯呑みに入ったスープも付いてきました。湯呑みのスープはつけ麺スープに割る用でなく、普通に口直しに飲む用だそうです。あっさりした醤油スープですね。

「つけ麺」(220バーツ) 「つけ麺」(220バーツ)

麺はご覧の通り太麺。

「つけ麺」(220バーツ)

魚粉入りのスープは濃厚でスープにとてもよく絡みます。「常勝軒」を訪れる前から思い描いていた味で、「これこれ!待ってました!」。このつけ麺が食べたかったのです!

「つけ麺」(220バーツ)

なにせ麺や野菜にどろどろスープがよく絡むので、途中でスープが足りなくなってしまいました。そこでダメ元で店員さんに「スープが足りないんですけど、もう少しいただけますか?」と訊いてみたら、無料でもう一杯おかわりをいただけました。これは嬉しいサービス。

こちらは見た目も美しい「チャーハン」(120バーツ)。これと「つけ麺」で相当満腹。そもそも「つけ麺」だけでも十分満腹なんですが(笑)

「チャーハン」(120バーツ)

ちなみに卓上にあった「煮干し酢」がなかなか美味しく、これだけでも飲めてしまうほど(笑)これを「つけ麺」に加えると、さっぱりした美味しさに変わるのです。

「煮干し酢」

濃厚なつけ麺好きはぜひ訪れたい、スクンビット通りソイ49の「常勝軒」でした。

 

常勝軒

[営業時間]
月~金 11:00 – 14:30  17:30 – 21:00
土日 11:00 – 21:00
[住所]月~金 11:00 – 14:30  17:30 – 21:00</br>土日 11:00 – 21:00
139. RQ49 Mall 2nd Floor, Unit 541, Soi Sukhumvit 49(Klang), Klongton-Nua, Wattana, Bangkok
[電話]
02 119 7215
[ウェブ]
https://www.facebook.com/joshokenthailand

新着記事

片岡安祐美、ワッキー、庄司智春も参加決定!プーケットを巡るマラソン大会 「Phukethon2017」開催
エビ味噌のタイ式混ぜご飯「カオクルックガピ」
バンコクの公共交通機関共通ICカードは2018年6月までに運用開始へ
沖縄=バンコクが片道5,390円!LCCピーチが2017年10月20日0時より48時間限定セール実施
喫煙所はガラス張り!タイのビーチ禁煙化で設置開始
ブンシリさんと行く「山梨日帰りバスツアー」開催!日本人もタイ人も一緒に楽しもう!