THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

「サンドボックス」で60万人の外国人旅行者とタイ人帰国者がプーケットへ

2021年6月20日 配信
「サンドボックス」で60万人の外国人旅行者とタイ人帰国者がプーケットへ

プーケット・カロンビーチ

新型コロナウイルスワクチン接種済みの旅行者を隔離検疫なしで受け入れる、タイ南部プーケットの「サンドボックス」は2021年7月1日よりスタート予定。6月22日の閣議で承認され、官報に掲載される予定です。



タイ国政府観光庁(TAT)は、「サンドボックス」でプーケットを訪れる旅行者の数は、再開となる7月中に約6,000人になると見積もっています。7月から9月にかけては、約50万人のタイ人と129,000人の外国人旅行者がプーケットを訪れ、約150億バーツのキャッシュフローを生み出すと予想しています。タイの国営ニュースメディアのNNT(National News Bureau of Thailand)が6月20日に伝えています。

またプーケット県知事によると、「サンドボックス」初日にプーケットに運航する航空会社は5社で、そのほとんどはヨーロッパ諸国からで、高い購買力を持つグループを運びます。タイ人のほとんどは、海外から帰国し、厳格なホテルでの隔離検疫よりも大分自由度の高いプーケットを選ぶ人たちとのこと。

全ての旅行者は、到着の初日、6日、12日と合計3回新型コロナウイルス検査を実施する必要があり、陰性が確認されれば、プーケットで14日間滞在した後、他の県に移動することができます。プーケットに滞在しているだけなら、いつでも自由に帰国できると知事は結論づけています。

Tourist Authorities Expect 600,000 Tourists from Phuket Sandbox 

 

▼関連記事
CCSAは7月1日のプーケット再開を承認、7月15日はサムイ島、9月はチェンマイ・パタヤ等も
外国人受け入れ再開間近のプーケットに国内旅行で行く方法【2021年6月現在】