THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

9月7日は国名を「タイ」から「サイアム(シャム)」に戻した日

2020年9月7日 配信

「サイアム(Siam สยาม)」といえば、バンコクの若者文化やファッションの中心地であるBTSサイアム駅あたりを思い浮かべる方が多いでしょうが、ご存じの方は多いと思いますが、かつてタイは「サイアム」という国名でした。日本では「暹羅」と記され「シャム」と呼ばれていたそうです。



プレーク・ピブーンソンクラーム首相は、1939年6月24日に国名を「タイ(Thailand  ไทย)」に改称することを告示。これは「サイアム」が外国人による呼称で属国の意味もあるとのことから、タイ人の国であるという概念を強調するために「タイ」としたのだとか。そして現在に至る・・・わけではありません。

1945年9月7日、タウィー・ブンヤケート首相は国名を「サイアム」に戻すことを発表。しかしそれは長く続かず、プレーク・ピブーンソンクラーム首相(第3次)が1949年5月11日、再び国名を「タイ」に戻したのです。

なおプレーク・ピブーンソンクラーム首相は、後にクーデターにより亡命生活を送り、神奈川県相模原市で亡くなっています。

<参考>
 特別展示 ―国交樹立 130 年― 
タイ王国大使館 ロンドン

 

▼関連記事
タイの旧国旗は赤地に白い象だった
タイ国旗にはどういう意味がありますか?