THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ渡航には医療機関発行の英文健康証明書が必要に、2020年3月21日(土)から有効

2020年3月19日 配信

タイ国政府観光庁によると、タイ保健省の新型コロナウイルス対策についての発表に伴って、タイ民間航空局〔The Civil Aviation Authority of Thailand (CAAT) 〕がガイドラインを発行。2020年3月21日(土)より、タイ渡航には出発日の72時間前までに発行された医療機関による英文の健康証明書になることなどが決まったようです。

[追記]
当初21日から適用とされていた発表は無効となり、新たに22日から適用になる発表が行われました。
タイ行き全便で新型コロナウィルス陰性を示す健康証明書を確認(タイ人を除く)



以下に転載します。

 

新型コロナウイルス感染地域および感染拡大地域からの乗客にサービスを提供する航空会社のガイドライン 2020年3月21日(土)から有効

1.タイ保健省は、タイに到着する渡航者について現在各国・地域を3つのカテゴリーに分類しています。
原文はこちら(英文)

2.タイ王国に渡航する乗客にサービスを提供する航空会社は、チェックイン時に次の3点を確認し、乗客のスクリーニングを行う必要があります。

(1)過去14日間の乗客の移動履歴を確認し、感染地域および感染拡大地域に移動したかどうかを確認する。
(2)医療機関が発行した英文の健康証明書を確認する。健康証明書は、新型コロナウイルス陰性証明を含み、出発日の72時間前までに発行されていること。

(3)健康保険を確認する。海外旅行中の医療費の全額をカバーする10万米ドル相当かそれ以上のもの。

3.タイ王国に帰国するタイ国籍の乗客の場合、航空会社はチェックイン時に乗客のスクリーニングを行う必要があります。
原文はこちら(英文)

4.乗客が2(1)で指定された国への渡航歴があり、2(2)および2(3)の必要書類を提示できない場合、または乗客がタイ国籍の場合、3(1)および3(2)に記載されている必要書類を提示できない場合、航空会社は搭乗券を発行せず、搭乗は拒否されます。

5. 審査を通過し、搭乗券発行後、航空会社は、健康に関する質問票(T.8フォーム 記入例)を乗客に配布します。およびタイ空港公社(AOT)によるスマートフォン用アプリケーションの質問欄に正確かつ虚偽のないよう記入してもらう必要があります。

6.航空会社は、機内で次の4点の保護措置を講じる必要があります。

(1)搭乗券を発行する際は、座席をできるだけ遠く離して配置する。必要に応じて、発熱、咳、または病気の乗客を監視するために、客室の専用スペースを割り当てる。
(2)感染から身を守るため、フライト中常にマスクを着用するなどの方法を乗客に知らせる。

(3)客室乗務員が乗客との濃厚接触を減らすために、客室のサービスを制限することを検討。

(4)すべての客室乗務員はマスクの着用が義務付けられています。

7.タイ王国に到着する際、航空会社は、国際伝染病管理チェックポイントで伝染病管理官によって規定された基準に従って航空機の消毒または清掃を実施する必要があります。

8.空港の国際伝染病管理検査場管理者は、伝染病法BE2558(2015)に従い、次のような発令の権限があります。

(1)国際伝染病対策のチェックポイントで伝染病対策担当者による検査を受けずにタイ王国に入国または入国する航空機は許可が下りるまで出入りを禁止する。

(2)航空会社が以下の措置を取るために書面を発行する

(a)病気の伝染を予防および制御するために感染を除去する
(b)国際伝染病対策チェックポイントの伝染病対策担当者がその解放の許可を与えるまで、指定された場所に航空機を留置する

(c)航空機に搭乗している人に健康診断を受けるよう要求する。また、そのような人は隔離され、隔離され、観察のために閉じ込められるか、特定の場所と期間で予防接種を受けます。

9. 2、3、または4に違反した場合、航空会社は、伝染病法BE2558(2015)に基づき、隔離、検疫、監禁、観察、予防接種の対象となる乗客の輸送にかかる費用を負担するものとします。

10.航空会社は、「伝染病法B.E.」に基づいて「公衆衛生省」が発行した、危険な伝染性疾患の「監視、予防」および管理のための措置を厳守しなければなりません。

11.航空会社は、空港のスタッフに上記のガイドラインの乗船および客室乗務員に通知し、徹底したコンプライアンスが求められます。客室乗務員は、そのようなガイドラインの追加の機内での公表も乗客に行わなければなりません。

この通知は、2020年3月21日(土)から有効です。

有効:2020年3月21日(土)
発表:2020年3月18日(水)

【新型コロナウイルス】3/22から有効 タイ民間航空局(CAAT)の対策ガイドライン (3/20更新)