THAILAND HYPERLINKS :タイ旅行やタイ生活とタイエンターテイメントのポータルサイト
agoda バンコクの格安ホテル予約

第4回目 空港でベビーカーが出てこない

2012年2月27日 配信

たびえもんの「子供と歩きたい世界の街角」

tabiemon  こんにちは、ぼく、たびえもんです。
もう、さすがに覚えてくれましたよね? 今年4月、東京・練馬にカフェと旅行会社が一緒になった「旅に行きたくなるカフェ」(http://tabiiku.org/)をオープンします。よろしくね! 今回はちょっと気分転換、子連れ旅行のトラブル事例についてお話しします。ちまたには旅行の情報やノウハウはあふれていますが、本当に知りたいのは、成功例よりも失敗例だったりしませんか?

これから紹介する事例は、とある旅行好きの家族(Kさん一家)が、タイのプーケットに出かけたときの実話です。参考にして下さいね。

Kさん一家が利用したのはタイ航空、成田からプーケットへの直行便でした。家族構成はKさん夫婦と、当時1歳の長男。ベビーカーに乗せての、初めての海外旅行です。

空港でのベビーカー利用は楽ちんです。チェックインの際に預ける必要がなく、出国手続きを終えて、搭乗直前のゲートまで押していくことができます。そこで、Kさんは乗務員にベビーカーを渡しました。プーケットに着いたとき、降機のゲートで受け取れると聞きました。聞いたはずでした。

ところが、飛行機から降りたとき、ベビーカーがなかったのです。係員に尋ねても、所在が分かりません。

仕方なくKさんたちは、ひとまず入国審査に進むことにしました。夏休みで長蛇の列。ぐずるKさんの長男。ただでさえ7時間のフライトで疲れていたのに、順番を待つ間、ずっと抱っこで過ごさなければなりませんでした。

しかも、同じ飛行機には何組かの幼児連れの家族がいたのですが、他の家族はベビーカーに子供を乗せて、悠然と列に並んでいたのです。なんで??

結果的にベビーカーは紛失したわけではなく、通常の預け荷物と一緒に、ターンテーブルの上をぐるぐる回って出てきたのですが、Kさんも長男も、すっかり疲れ果ててのタイ入国となってしまいました。

成田で預ける際に、もっと念押しで確認すればよかったのかなとKさんはぼやいていました。

(2012年2月27日掲載)

たびえもんの「子供と歩きたい世界の街角」 たびえもん
株式会社たびえもんの広報部長兼マスコットキャラクター。 平安時代の竹林で生まれたタケノコ。世界中のいろんな国、いろんな時代を旅して、現代の日本にやって来た。 東京・練馬にカフェと旅行会社が一緒になった「旅に行きたくなるカフェ」をオープンすべく、準備に奔走している(2012年4月開業予定)。 憧れの人は、かぐや姫。将来の夢は、空高くまっすぐ伸びる青竹になること。 ★たびえもん(http://tabiiku.org

新着記事

中川大志の登壇決定!「日本映画祭2018inタイ」が2月2日開幕
インク=ワラントーン パオニン(Ink-Waruntorn Paonil)4
タイで見つけた韓国版かっぱえっびせん風スナック、本家とのソックリ具合はHANAMIの比じゃなかった!
福岡にタイ総領事館の新設決定、2018年10月にも
タイで「スマートビザ」が2018年2月1日より開始、高技能の外国人専門家を迎える
「アマラ バンコク ホテル」が春節の特別割引を実施