タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

第3回目 台北の名所めぐりで苦手克服

2012年2月25日 配信

たびえもんの「子供と歩きたい世界の街角」

tabiemon  こんにちは、ぼく、たびえもんです。
え? おまえは誰だって? いやだなあ、そろそろ覚えて下さいよ。

前回のソウルに続いて、今回も子連れ旅行の入門編として最適な街、台湾の台北をご案内します。女性にとってはエステやショッピングも大きな魅力、歴史が好きな人には世界4大博物館の故宮博物院がなんと言っても必見ですが、小さな子供連れだとちょっと退屈ですね…。

お子様連れにおすすめのスポットは、青と白のコントラストが美しく迫力ある中正紀念堂や、台北市街を一望できる高さ509.2メートルの超高層ビル台北101です。路線が増えて便利なMRT(都市鉄道)に乗って、ちょっと疲れたら気軽に屋台で軽食をつまむ、という食べ歩きのスタイルが正統派です。え? 高所恐怖症だから、高いところは避けたい? しょうがないなあ…。

じゃあ、1日のんびり過ごせるアジア最大級の台北市立動物園はいかがでしょう? コアラ(無尾熊)やパンダ(大猫熊)といった人気の動物はもちろん、充実した昆虫館が穴場です。

なに? 虫なんて気持ち悪いから見たくないって? 大人はそうかもしれませんけど、きっとお子様は喜びますよ。南国の珍しい虫にコーフンすること請け合いです。ちなみに、日本よりちょっと難しい漢字を使う台湾、「虫」ではなく、「蟲」と書きます。え? 余計行きたくなくなった?

だったら、これは、どうです? 台湾新幹線(台湾高鐡)。2007年に開業し、台北駅から南部の都市高雄近郊の左営駅まで、345kmを最短90分で結んでいます。日本の新幹線システムを導入していて、外見も700系新幹線にそっくりですよ!

最近は、子供の鉄道好きにつられて、むしろお母さんのほうが好きになってしまったママ鉄も増えているとか。台湾南部を訪れる場合はもちろん、台北から日帰り旅行も充分できますので、ぜひ足を延ばして鉄道体験してみて下さい。

え? お父さんの乗り物酔いがひどいって? もう、知りません!

(2012年2月25日掲載)

たびえもんの「子供と歩きたい世界の街角」 たびえもん
株式会社たびえもんの広報部長兼マスコットキャラクター。 平安時代の竹林で生まれたタケノコ。世界中のいろんな国、いろんな時代を旅して、現代の日本にやって来た。 東京・練馬にカフェと旅行会社が一緒になった「旅に行きたくなるカフェ」をオープンすべく、準備に奔走している(2012年4月開業予定)。 憧れの人は、かぐや姫。将来の夢は、空高くまっすぐ伸びる青竹になること。 ★たびえもん(http://tabiiku.org

新着記事

アニメ「サマーウォーズ」イベントがアニメイト バンコク店で 2017年9月9日・10日開催
タイ語でフリッパーズ・ギターの曲をカバーをしているのは誰ですか?
タイでワニ釣り体験!?[サムットプラカーン・クロコダイルファーム&ズー]
ショップチャンネルが「日・タイ修好130周年特番 スペシャルタイデイ」を5時間放送
ザニ=ニパーポン ティティタナカーン(Zani-Nipaporn Thititanakarn)8
90年代から現代までのタイ映画特集、福岡市シネラで2017年8月16日から