タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

つしま~バンコクで食べる対馬海峡の天然”黄金あなご”

2016年7月24日 配信

Wonderful restaurants in Bangkok!

2016年7月9日にトンロー地区にオープンした「海峡逸品 つしま」へ。長崎県対馬市西沖産の”黄金あなご”が食べられるという、今バンコクで話題のお店です。

「つしま」がある場所は、トンロー通り(スクンビット通り55)ソイ5を入って最初の角を右に曲がって少し進むと左手にスーパーマーケットMaxValuがありますので、その建物の2階です。駐車場もあり。

つしま~バンコクで食べる対馬海峡の天然黄金あなご

つしま~バンコクで食べる対馬海峡の天然黄金あなご

2階に上がった奥が「つしま」。店員さんがお出迎えです。

つしま~バンコクで食べる対馬海峡の天然黄金あなご

店内はシックで落ち着いた雰囲気の中にも、お祭りの様な風情のある華やかさが。今回は10人ほど入る個室で食事会をさせていただきました。

つしま~バンコクで食べる対馬海峡の天然黄金あなご

料理を注文し、待っている間に”黄金あなご”についてお勉強です(笑)。

「黄金あなご」とは、対馬市西沖で穫れる胴が太く油ののった天然のあなごのこと。水深150メートルから200メートルで、水温6度以下の海域を生息地としているため、体の色が薄く黄金色に見え、丸々としていて身が引き締まっているのだそうです。

つしま~バンコクで食べる対馬海峡の天然黄金あなご

最初に出てきたのが「黄金あなご 白焼き」。熱々のうちに醤油とワサビでいただきます。

つしま~バンコクで食べる対馬海峡の天然黄金あなご

次にお刺身の盛り合わせ。写真左下が「黄金あなご 薄造り」。あなごの刺し身なんてものがあるんですね!生まれてはじめていただきました。しかもバンコクで!

つしま~バンコクで食べる対馬海峡の天然黄金あなご

「対馬名物 とんちゃん(豚肉鉄板焼き)」。お米が欲しくなります。

つしま~バンコクで食べる対馬海峡の天然黄金あなご

「黄金あなご 蒲焼き」が登場。油ののったあなとご甘いタレがたまらないです。良い香り!

つしま~バンコクで食べる対馬海峡の天然黄金あなご

さっぱりと「冷奴」。

つしま~バンコクで食べる対馬海峡の天然黄金あなご

「天ぷら」は塩か天つゆで。

つしま~バンコクで食べる対馬海峡の天然黄金あなご

こちらは「なま湯葉」

つしま~バンコクで食べる対馬海峡の天然黄金あなご

お刺身の盛り合わせにあった鯵の骨は、唐揚げにしていただきました。

つしま~バンコクで食べる対馬海峡の天然黄金あなご

現在は夜のみの営業ですが、間もなく200バーツ前後から食べられるランチもスタートするとのこと。また、同じ建物の3階では、うどんと天麩羅のお店のオープンも近づいているそうです。

 

海峡逸品 つしま

[営業時間]
18時から23時まで(ラストオーダー22時半)
[住所]
2F 88 sukhumvit 53 Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110
[電話番号]
02-061-1110
[クレジットカード]
近日利用が可能になります。
[ウェブ]
http://www.bkk-tsushima.com/
https://www.facebook.com/kaikyotsushima

新着記事

2017年のキンジェー(菜食期間)は10月20日から28日まで
ラブレター(Love letter)
放課後プリンセス・小田桐奈々 タイ・サムイ島で撮影の写真集「white.」発売
千葉大学がタイ・マヒドン大学にバンコク・キャンパス開所
タイで美白歯みがき剤「アパガード」販売開始
山岳民族を感じる、スラムを感じる「クラフトエイドとフィームー展」開催