スポンサーリンク

スクート、「ピカチュウジェット」を就航

2022年08月12日
カテゴリー: ワールドニュース

スクート、「ピカチュウジェット」を就航

<プレスリリース>

スクート(日本支社:東京都千代田区、日本支社長:比留間盛夫)は、就航10周年を記念して、株式会社ポケモンと提携し、「そらとぶピカチュウプロジェクト」の一環である「ピカチュウジェット」を就航することを発表しました。



スクートは、ASEANで初めて株式会社ポケモンと提携する航空会社として、「ピカチュウジェット」を202299日(金)にシンガポール=成田(TR808/TR809)で就航し、特別塗装機にてお客様にユニークな旅行体験を提供します。

シンガポール航空グループのLCCであるスクートは、月2便の「ピカチュウジェット」をまずシンガポール=成田便、シンガポール=ソウル便にて運航を予定しております。運賃は、成田発シンガポール行きが片道17,050円~(税込み)となります。

株式会社ポケモンとのパートナーシップはスクートにとって、新たなマイルストーンとなり、特別塗装機を実施するのは、シンガポール航空グループにとって初となります。

「ピカチュウジェット」は、ボーイング787-9ドリームライナーで運航され、座席数はスクートPlus 35席、エコノミークラス340席の計375席です。成田とソウル以外にも、ボーイング787-9ドリームライナーで運航する路線に「ピカチュウジェット」を投入し、運航ルートはお客様の需要や同型機材の運航計画に応じて調整する予定です。その為、「ピカチュウジェット」の明記がなくても、この特別塗装機で運航の可能性があり、スクートでの体験に驚きと喜びが加わります。

スクートのCEOであるLeslie Thngは、次のように述べています。「スクートでは、お客様に喜びとスクーティテュード(スクートらしさ)をお届けするために、常にビジネス領域を広げています。株式会社ポケモンとの戦略的パートナーシップを通じて、お客様にユニークな旅行体験、そして忘れられない思い出作りへとつなげていきたいと考えています。 」

本日の発売開始以降にスクートと株式会社ポケモンは合同イベントを開催し、特別塗装機を発表するとともに、運航予定と機内体験の詳細をご案内予定です。お客様やポケモンファンの皆様は、スクートのWEBサイトやモバイルアプリで「ピカチュウジェット」の予約、また機内限定商品等の最新情報をWEBサイト、FacebookInstagramでご確認いただけます。

スクートのネットワークは現在、16の国と地域、72 都市[1] を結び、シンガポールとアジア、オーストラリア、ヨーロッパの数多くの都市を運航しています。スクートの最新情報、フライトスケジュールは、WEBサイトwww.flyscoot.com/jp をご覧ください。

 

<注意事項>
・スクートのフライトを予約する前に、すべての旅行条件および入国条件を満たしていることを確認する必要があります。・ すべてのフライトは、政府および規制当局の承認または変更に従うものとします。
・運航やメンテナンスの都合により、「ピカチュウジェット」が使用されない場合、「ピカチュウジェット」としての機内サービスや体験はできません。

 ーー

シンガポール=成田 「ピカチュウジェット」運航スケジュール

9月9日(金)

 

フライトNo.

出発

到着

シンガポール (SIN) – 成田 (NRT)

TR808

01:10

08:55

成田 (NRT) – シンガポール (SIN)

TR809

10:00

16:30

1019日(水)

 

フライト No.

出発

到着

シンガポール (SIN) – 成田 (NRT)

TR808

01:25

08:50

成田 (NRT) – シンガポール (SIN)

TR809

09:50

15:35

※表示時間は現地時刻です。

スケジュールは2022812日現在のものです。
スケジュールおよび機材については予告なしに変更される場合があります。
最新のフライトスケジュールは、スクートのWEBサイトでご確認ください。
フライトスケジュールは政府許可を条件としております。
ご旅行前に最新の入国規定をご確認の上、必要な条件を満たしていることをご確認ください。

 [1]一部の都市で旅行規制があるため、2022811日現在、スクートのネットワークは47都市で運航しております。

 

スクートについて
スクートはシンガポール航空グループの LCC です。2012 6月よりサービスを開始し、2017 7月にタイガーエア・シンガポールと合併してブランド名をスクートに統一しました。スクートは、シンガポール航空グループの一員として高い安全基準をクリアし、高い信頼性と現代的な旅のスタイルをお求めやすい価格でご提供し、これまで累計 6,500万人以上のお客様にご搭乗いただいております。スクートのネットワークは現在、16の国と地域、72都市を結び、ワイドボディのボーイング787ドリームライナーと、エアバスA320ファミリー機を合わせて約50機保有しています。

スクートをご利用のお客様は、クリスフライヤーのマイルを獲得・利用することができます。COVID-19パンデミックの際、スクートはAPEX Health Safety powered by SimpliFlyingSkytrax Covid-19 Airline Safety Ratingの両方の監査で最高評価を獲得した世界初のLCCなりました。2021年、スクートはSkytrax社のWorld Airline Awards において、World’s Best Long Haul Low-Cost Airlineを受賞し、World’s Best Low-Cost Airlinesでは第3位にランクインしました。

魅力的な価格、安全、信頼、そしてScootitude/スクーティテュード(スクートらしさ)で表現される独自の旅行スタイルをご提供し、充実したサービスを追求しております。

スポンサーリンク

関連記事

スクート、ピカチュウジェット運航開始
スクート、「ピカチュウジェット」を就航
日本郵便、2022年6月1日から国際郵便料金を値上げ
厚生労働省、日本帰国後の健康確認に応じない3人の氏名を公表
「改正プロバイダ責任制限法」成立、SNSや掲示板での誹謗中傷の書き主の特定が簡素化
スポンサーリンク

新着記事

「2022年タイAPEC」SNSでのプレゼンターに猫のヌアン
タイ東北の児童施設で元警察官が銃乱射、30人以上死亡
ピーチ、大阪=バンコクが片道11,280円~!12月27日就航開始
リンゴで溢れるラオス電脳街、腐った(?)リンゴも発見
タイ焼酎飲んで怒って大暴れ、観光ビザで滞在のアメリカ人逮捕