アルコール依存症の女が父親を撲殺

2020年09月25日
カテゴリー: タイランドニュース

先日はアルコール依存症の夫を妻が射殺するという事件が発生しましたが、今度はアルコール依存症の女が父親を撲殺です。



各報道によるとタイ東北部スリン県で2020年9月23日(水)、アルコール依存症の女(42歳)が、父親を殺害した容疑で逮捕されました。

女は酒を飲んでいる時に夫と口論になり、その喧嘩を止めようとした父親を落ちていた木の棒で繰り返し殴打。父親は娘である女に「殴るのをやめてくれ」と懇願し、助けを求めて逃走。血まみれとなり、顔や目は腫れ上がりるほどの怪我を負った父親は、’近所の人々に助けられましたが、後に死亡しました。

報道によると女は、アルコール依存症であると伝えられています。

 

▼関連記事
妻がアルコール依存症の夫を射殺

関連記事

崩れ落ちたタル島(ウライ島)のエリアを2年間封鎖
ピピ島マヤベイで発見されたジュゴン死す、背中に船のスクリューによる傷
年配女性が国歌で起立しない女子高生にビンタをお見舞い
10月28日・29日、王党派と反政府グループの政治集会
陽性のフランス人女性が滞在した隔離検疫ホテルで更に2人の外国人が陽性

新着記事

バンコクの街角のアイスクリーム売り、パンに挟んでもモチ米と合わせても美味しい!
崩れ落ちたタル島(ウライ島)のエリアを2年間封鎖
ピピ島マヤベイで発見されたジュゴン死す、背中に船のスクリューによる傷
年配女性が国歌で起立しない女子高生にビンタをお見舞い
10月28日・29日、王党派と反政府グループの政治集会