THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ長期滞在「特別観光ビザ」~ヨーロッパなどで強い関心、問い合わせ相次ぐ

2020年9月22日 配信

タイ長期滞在「特別観光ビザ」~ヨーロッパなどで強い関心、問い合わせ相次ぐ

14日間の隔離検疫を受け、最低30日滞在することなどを条件に発給が決まった、90日間滞在可能な「特別観光ビザ(SPECIAL TOURIST VISA:STV )」。3回の延長で最長270日も滞在できることから、ヨーロッパを中心に注目を集めているようです。



各報道によるとタイ国政府観光庁(TAT)のユタサック・スパソーン総裁は、内閣が「特別観光ビザ」を承認した後、ヨーロッパのTAT事務所には、問い合わせが相次いだと明らかにしました。

たとえばロンドン事務所では、「特別観光ビザ」を内閣が承認したとのニュースが伝えられてから、1日で31件の問い合わせがあったと報告されたとのこと。なお2020年9月19日の報道では、2,270人が「特別観光ビザ」でのタイ旅行を計画中と伝えられています。

2020年8月にTATロンドン事務所は、1200人の回答者を対象にアンケートを実施。その結果、202010月からタイ旅行が再開された場合、2020年10月から2021年3月までにタイを訪れる準備ができている観光客は22%に上ることが分かりました。また45%が、2021年3月以降の旅行を検討すると回答したとのことです。

特別観光ビザ(SPECIAL TOURIST VISA:STV)
長期滞在限定の観光ビザ。90日間の滞在が可能で、申請料金は2000バーツ。ビザは2度延長でき、合計270日間の滞在が可能。なおタイ到着時には指定の施設で14日間の隔離検疫が必須。

Tourism Authority of Thailand (TAT) Governor Yuthasak Supasorn said TAT overseas offices have reported high interest of…

NNT- National News Bureau of Thailandさんの投稿 2020年9月21日月曜日

 

▼関連記事
タイ保健省が「特別観光ビザ」の最新計画を発表、外国人2,270人が旅行を計画中