タイで凍死が続く、17歳少年が自室で死亡し母親が発見

2019年12月10日
カテゴリー: タイランドニュース

ここ最近、バンコクでも早朝の気温が20度を切るような“寒い”日が続くタイ。北部や東北部へ行くと、さらに気温が下がり、2人の凍死者が出る事態となっています。



そして2019年12月10日早朝、タイ中部サムットソンクラーム県で17歳の少年が遺体で発見されました。睡眠中に部屋に強い風が吹き込んでいたようで、体温が奪われたことで、死亡したと見られています。

亡くなった少年の母親によると、学生である少年はこの日は帰省中。前夜11時に寝室に入り、朝7時に目覚まし時計の時計が鳴っても起きてこないため確認に行くと、既に少年は亡くなっていたとのことです。

【2019年12月の凍死】
寒いタイ、また凍死か?ホームレス男性が気温14度で
タイで38歳の男性が凍死か?娘に掛け布団を渡して寒さの中寝る

▼関連記事
寒いタイ、また凍死か?ホームレス男性が気温14度で
タイで38歳の男性が凍死か?娘に掛け布団を渡して寒さの中寝る

関連記事

幼稚園の先生が借金苦、覚醒剤の運び屋となり逮捕
LinQが「タイ観光アンバサダー」に就任
スイス人男性がパタヤの民家火災で死亡、同居のフィリピン人男性は無事
タイは囮捜査が当たり前!クラトム販売の女を逮捕
20万バーツ当選の宝くじを強奪、犯人は当選していることを知っていた?

新着記事

幼稚園の先生が借金苦、覚醒剤の運び屋となり逮捕
LinQが「タイ観光アンバサダー」に就任
スイス人男性がパタヤの民家火災で死亡、同居のフィリピン人男性は無事
タイ入国管理局にドレスコードあり!セクシーな服装はNG
スマホで「90日レポート」が出来るアプリとは?