THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

バーレーン難民のサッカー選手、開放されオーストラリアに帰国(動画付き)

2019年2月12日 配信

タイで拘束が続いていた、バーレーン出身でオーストラリアに難民として受け入れられていたサッカー選手の以下の事件の続報です。

タイで拘束のバーレーン選手、拘留は8月まで延長



世界的に大きな批判がバーレーン、タイに向けられてきた本事件ですが、2019年2月11日、バーレーン政府がタイに行っていた同選手の引き渡し要請を取り下げました。

これにより、タイ政府は同選手を拘束する理由がなくなったとして開放を決定、同選手は無事に解放され、夜のうちにタイのスワンナプーム空港からオーストラリアのメルボルンに帰る事ができました。

以下は、タイのスワンナプーム空港から出発する同選手の姿です。多くのタイのイミグレーション警察官がエスコートする中、出国する様子が撮影されています。

同選手はオーストラリアのメルボルンの空港に無事に到着しました。

到着の様子の動画が以下のものです。

到着した同選手は、その喜びを次のようにコメントしました。

「オーストラリアに感謝します。」

「このオーストラリアが私の国です。私はまだオーストラリアの市民権を得られていませんが、私の国はオーストラリアです。私はオーストラリアで死にます、オーストラリアを愛しています。」

この模様は、タイ現地大手英字メディアのBangkok Postも、以下のように伝えています。

Refugee footballer makes triumphant return to Australia(バーレーン難民のサッカー選手、勝利を勝ち取りオーストラリアへ帰国)|Bangkok Post

このようにして、長らく拘束が続いていたバーレーン難民のサッカー選手の事件は、2月11日のバーレーン政府の身柄引き渡し要請の取り下げを受けて、一気に解決しました。

同選手も自由の身となってオーストラリアに戻る事が出来て、良かったですね。

国際社会においては、先日のサウジ女性の事件と合わせて、特にオーストラリアとカナダの人道支援への評価は非常に高まるものとなりました。人道支援とはかくあるべきと思わされました。

世界的には、難民に対し、このような人道的支援が出来る国が少なくなってしまっていると感じられる中で、両国の毅然とした対応は本当にすごいものだと感じます。