THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

ウボンラット王女、タクシン派政党の首相候補に!タイ総選挙

2019年2月8日 配信

タイの総選挙の続報で、2019年2月8日は大きなニュースが入ってきました。2月8日は各政党とも首相候補者を届け出る最終日で、各政党とも3人の首相候補を届け出ています。



その中で本日、タクシン派政党の一つであるタイラクサチャート党(タイ国家維持党)は、現在のタイ国王陛下であるワチラロンコン国王の姉にあたり、前プミポン国王の長女のウボンラット王女(67)を首相候補として届け出ました。

タイの王室関係者が、特定の政党の候補者になることは極めて異例であり、衝撃のニュースとなっています。

タイ現地でも2月8日、以下のタイ現地大手英字メディアのBangkok Postなどをはじめ各誌が大きく報じています。

Princess Ubolratana is candidate for prime minister(ウボンラット王女、首相候補に)|Bangkok Post

海外各誌も報じています、以下に日本の朝日新聞DIGITALの記事を紹介します。

タイのウボンラット王女、党首相候補に 恋チュン話題|朝日新聞DIGITAL

タイのタクシン元首相派の政党の一つ、タイ国家維持党は8日、3月24日の総選挙に向けた党の首相候補として、故プミポン前国王の長女でワチラロンコン現国王の姉のウボンラット王女(67)を届け出た。王室関係者が、特定の政党の首相候補になるのは極めて異例だ。続きは→

上記でも報道されている通り、2月8日は軍政派政党のバランプラチャーラット党(国民国家の力党)の首相候補となる事を受諾し、選挙戦の構図が明らかになりました。

3月24日の選挙では、議会上院(定数250)の議員は事実上軍政が選任するため、議会下院(定数500)が選挙の対象となります。その上で上院、下院を合わせて首相選挙を実施するため、軍政側は下院で定数500のうち、およそ130程度の議席を選挙で取れば首相指名が得られるという、極めて有利な選挙となる見込みでした。

しかしながら、この状況からタクシン派政党が本日、大きな動きを見せました。

報道されている通りタイの王室はタイにおいて極めて大きな影響力があり、そのタイ王室が正式にタクシン派政党についたとなると、タクシン派に巨大な力となります。

この後、タイの選挙戦がどうなるか、世界的にも大きな注目が集まっています。

選挙戦についてはPJA NEWSも引き続き続報の予定です。