THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ副首相、選挙実施日程の遅延可能性を認める

2019年1月4日 配信

2018年1月3日のPJA NEWSでお伝えした通り、1月2日にプラユット首相は、選挙の投票日は2月24日のまま変更はない旨を語っていましたが、これについて続報です。



プラユット首相、選挙日程変更無しと表明~タイ政局の動きのまとめ

1月4日朝のタイ現地大手英字メディアのBangkok Postが、タイのWissanu副首相が昨日の1月3日に、選挙実施日程の遅延の可能性を認めた事を報じています。

Government admits election delay(タイ政府、選挙実施日程の遅延を認める)|Bangkok Post

上記報道によると、タイのWissanu Kreangam副首相は1月3日の木曜、戴冠式の日程と選挙関連の日程が重なってしまうことをさけるため、選挙日程が遅延する可能性が高い事を発表しました。

副首相は選挙管理委員会との会合の前に、いずれにしても、選挙は最終期限の5月9日までに実施されるという見解を語りました。

記者は副首相に、タイ政府は2月24日の投票日を遅らせるように選挙管理委員会に指示したかを質問しましたが、副首相は回答を拒否しました。

これを受けて情報筋は、選挙の投票日は日曜でなければならないこと、現行の法規制などを考えると、投票日は3月10日、17日、24日のいずれかになるのではないかという見込みを語っています。

選挙日程の最終的な確定は、上記報道によると、いまだ確定していません。

今後は選挙日程を含めて、選挙関連の取り組みがどう進むのか注目が集まります。