THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

パタヤで16歳の売春婦の少女が殺害される

2018年12月26日 配信

パタヤで16歳の売春婦の少女が殺害される

パタヤ現地英字メディアのPattaya Oneが2018年12月24日のニュースで、サウスパタヤで16歳の売春婦の少女が殺害されているのが見つかった事を報じています。



被害者女性のWさんは、12月17日の月曜にサウスパタヤの夜の飲食店で働いた後、友人たちと連絡が途絶えていました。

被害者女性はタイ中部のサラブリの出身で、まだ16歳なのにサウスパタヤの夜の街で売春をして働いていたということです。

パタヤ警察署のアピチャイ署長は、警察が被害者女性の自宅を捜査した所、被害者女性は自宅のマットレスの上で黒い服を来て、下半身には毛布をかけた状態で、死んでいるのが発見されたと語りました。

被害者の部屋には争った跡があり、警察は殺人事件とみて捜査し、被害者の毛髪や部屋の指紋などを採取しました。

また警察は監視カメラの映像から、17日の月曜の朝に黒い服の男と被害者女性が自宅に戻っているのを確認、その後は男のみが立ち去って、彼女の死体が発見されたということです。

警察は、この黒い服の男が何らかの事情を知っている可能性が高いとみて、行方を追っています。

16-year-old prostitute is murdered in Pattaya

ここまでが報道されている概要です。

当然ですが、18歳未満の少女の売春、買春はいずれもタイで重罪となる違法行為です。

しかしながら、サラブリなどの貧しい地域の出身の少女の中には、売春に手を染めてしまう少女もいるのが現実です。

本件の事情はもちろんわかりませんが、そんな未成年の少女が殺されてしまうなんて、なんとも世知辛い現実ですね。

この黒い服の男も、そもそも18歳未満への買春をしている時点で、当然ながら買春側は非常に重い罪となりえます。

このような事件が減ってくれる事を願います。

パタヤの16歳少女殺害事件、”黒い服の男”を逮捕