ピサヌロークのタクシー、メーター使用で初乗り40バーツ

2020年08月04日

バンコクのタクシーはメーター使用で初乗りが36バーツ(約120円)。時にはメーター使用を拒否する悪徳な輩もいるのですが、基本はメーター使用で明朗会計。安くて便利ですよね。



それが地方都市になると、バンコクと同じ様なメータータクシーは走っていても、メーターを使わず交渉ということが度々あります。というか、メーターを使用する地方のタクシーには今まで出会ったことがありません。まあ、そんなにあちこち行っておらず、少ない経験の中だけの話なので。実際は不明ですけど・・・。

 

ピサヌロークのタクシーはメーター使用で良心的!

そんな中で訪れた北タイのピサヌロークという街のタクシー。実際乗車してみたら、しっかりとメーターを使ってくれました!

街中ではそれほど走っているタクシーは見かけないのですが、国鉄ピサヌローク駅近くには、沢山のタクシーが停まっています。バンコクとほぼ同じ様なスタイルで、助手席前の表示版にある「ว่าง(ワーン)」という文字が空車の印です。

 

街中からピサヌローク空港まではタクシーでいくら?

今回実際にタクシーに乗車したのが、街一番のデパート・セントラルプラザからピサヌローク空港まで。ピサヌロークでも配車アプリ・Grabが使えるので運賃を確認してみたら140バーツ弱でした。そのままGrabを呼んでしまうのが手っ取り早いのですが、せっかくなのでメータータクシーに乗ることにしたのです。

ピサヌロークのタクシーの初乗りは40バーツ。下の地図とは通った道は違いましたが、Grabとほぼ同額の140バーツ弱でセントラルプラザからピサヌローク空港に到着しました。なお、セントラルプラザから今回宿泊した「トップランド ホテル」までなら、Grab(90バーツ弱)よりもメータータクシーのほうが10バーツほど安かったかも。

とにかくタクシーにちょっと乗車しただけでも「100バーツ」とか言ってくる某地方都市に比べて、メーターでタクシーに乗れるピサヌロークって良いところですね(笑)。

 

▼関連記事
ピサヌロークのトゥクトゥクは抜群の可愛さのダイハツ・ミゼット型

関連記事

海老と春雨の蒸し焼き「クンオップウンセン」が100バーツ
オンヌット「十兵衛<JUUBEE>」:日本人料理人による本格お好み焼きが格安で
バンコク散歩、路地に入ったら行き止まり、地図がなければ遭難(笑)
ほっぺが落ちそうに美味しかったタイ甘味、ココナッツミルクおはぎ?
犬に優しいバンコク郊外のショッピングセンター

新着記事

妻がアルコール依存症の夫を射殺
タイ南部とタイ北部で新生児の捨て子見つかる、経済的理由か
ネット販売業者に商品やサービスの詳細と価格の表示義務、タイ王国官報に掲載
タイ発スキンケアブランド「THANN」と刃物メーカー「貝印」がコラボ
agodaが「タイ人が旅行したい国 2020」のトップ10を発表、日本の順位は・・・