THAILAND HYPERLINKS :タイ旅行やタイ生活とタイエンターテイメントのポータルサイト
agoda バンコクの格安ホテル予約

長閑な町の長閑なカフェ~CAFÉ ango[ラオス・ビエンチャン]

2017年9月14日 配信

長閑な町の長閑なカフェ~CAFÉ ango[ラオス・ビエンチャン]

バンコクの雑踏から離れて、ラオスのビエンチャンにやって来るとホッとします。自転車でぶらぶら~っとしていた時、見つけた良さげな喫茶店『CAFÉ ango』。靴を脱いで入店するようです。

長閑な町の長閑なカフェ~CAFÉ ango[ラオス・ビエンチャン]

中に入ると、このようにお洒落且つ落ち着いた雰囲気。

長閑な町の長閑なカフェ~CAFÉ ango[ラオス・ビエンチャン]

一人でも寛げそうです。

「いらっしゃいませ」

日本語で挨拶が来ました。実はオーナーは日本人のご夫婦。以前、別な日本人の方が経営する食堂があった場所を引き継ぎ、2016年7月にオープン。

「自分たちのペースで楽しく、またお客様に美味しい物を食べて喜んで頂きたい」というのがお店の理念です。

外国人ウケする天ぷらや寿司などは一切ありません。代わりに、手作りの丼物やサンドイッチ、洋食などがメニューに並びます。既製品やMSG(化学調味料) はなるべく使わないというこだわりの品々です。

長閑な町の長閑なカフェ~CAFÉ ango[ラオス・ビエンチャン]

ドリンクメニューの自慢は何と言っても自家焙煎のコーヒー。地元ラオス産の豆を使っているそうです。近い内にコーヒー豆の販売も始めるそうで、お土産に良さそうですね。また、ショウガから作られたジンジャーエールは生姜の香りがしっかりして、暑い街歩きのリフレッシュにぴったりでした。

長閑な町の長閑なカフェ~CAFÉ ango[ラオス・ビエンチャン]

奥様は芸術家で、陶器作りもするそうです。

長閑な町の長閑なカフェ~CAFÉ ango[ラオス・ビエンチャン]

この日は、「ローストポーク(45,000キップ=約600円)」と「ビーツのバルサミコ酢きんぴら(15,000キップ=約200円)」を注文。ローストポークは手間がかかっていて、柔らかく香りが最高。きんぴらもシャキシャキとした歯ごたえと懐かしい味付けです。

ちなみに、店名は仏教用語の「安居(お坊さんが特定期間集まって修行すること)」から来ているそうです。

落ち着ける隠れて名店、ビエンチャンを訪れた際は是非。

長閑な町の長閑なカフェ~CAFÉ ango[ラオス・ビエンチャン]

 

CAFÉ ango

[営業時間]
11:30〜21:00(木曜は18:00まで、月曜定休)
[所在地]
rue hengbounnoy,ban haisokVientane, Vientiane, Laos
*ラオス・カルチャー・センターの西隣の通り
[電話番号]
856 20 58 597 081
[ウェブ]
https://www.facebook.com/cafe-ango-935763206465533/

新着記事

韓流タレント3人がタイでキッチンカー運営に挑戦!「現地で食べてくれるかな?」 が日本初放送決定
ザ・バンブー バー:ジャズやブルースの生演奏を聞きながら
貴重品に注意!ツアー運転手が客のバッグから窃盗
デコ バー&ビストロ:アールデコ調のインテリアデザインとレトロなアジアンスタイルが融合
バンコク日本人駐在員のサッカーの聖地”Arena10”が…
スカイバー ルーフトップ:映画「ハングオーバー2」にも登場した世界一高い場所にあるバー