タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

第29回目 国境越えで帰れない!?

2012年4月22日 配信

たびえもんの「子供と歩きたい世界の街角」

こんにちは、ぼく、たびえもんです。
全30回連載のこのコラム、いよいよ残すところあと2回となりました。今まで読んでくれたみなさん、どうもありがとうございます!
旅に行きたくなるカフェ(http://tabiiku.org/)にも、ぜひ遊びに来て下さい!

今回はKさん一家の子連れ旅行エピソードの中でも、一番(?)のハプニングをご紹介します。

灼熱の夏のドバイを訪れた話は、第8回や18回でしましたが、滞在中の1日、ドバイを離れて遠出しようと企んだんですって。
目的地に選んだのはアル・アイン。内陸にあるオアシスの街です。ドバイからは長距離バスで訪れることができるんですが、実はオマーンとの国境もすぐ近いところなんです。

はい。Kさんは子供たちを連れて、日帰りでオマーンにも行ってみようと考えました。ガイドブックによると、オマーン側の町ブライミに行くだけなら、ビザなしで簡単に行けるような情報があったんですって。

tabiemon かくして訪れたブライミの町。海に面しているドバイよりも湿気が少なく、日陰になると少しは過ごしやすいけど、やっぱり暑い。スーパーで涼んだり、市場でお店の人と仲良くなってお土産にナツメヤシを買ったり、それなりに楽しく過ごしたそうです。

で。行きはよいよい帰りは怖い…。

UAEの国境事務所から、再びアル・アインに戻ろうとしたら、オマーンの出国スタンプがパスポートにないから、入国を認めるわけにはいかない! と言われてしまったのです。

普通は国境をまたいで、それこそ歩いても数分のところに、相手方のイミグレーションがあるんだけど、ここの場合、オマーン側のオフィスはなんと60キロも離れた場所にあったんです。60キロって…。

さて。どうしたか。タクシーをチャーターして、思わぬ砂漠のドライブ。オマーンのスタンプをもらうために、往復120キロの道のりを走ることになりました。
子供たちは思わぬドライブ旅行にテンションが上がって、大はしゃぎだったそうですよ。

(2012年4月22日掲載)

たびえもんの「子供と歩きたい世界の街角」 たびえもん
株式会社たびえもんの広報部長兼マスコットキャラクター。 平安時代の竹林で生まれたタケノコ。世界中のいろんな国、いろんな時代を旅して、現代の日本にやって来た。 東京・練馬にカフェと旅行会社が一緒になった「旅に行きたくなるカフェ」をオープンすべく、準備に奔走している(2012年4月開業予定)。 憧れの人は、かぐや姫。将来の夢は、空高くまっすぐ伸びる青竹になること。 ★たびえもん(http://tabiiku.org

新着記事

モバイル BNK48(Mobile BNK48)
パトリシア・グッドらが登場!タイ発「MADE OF FABRIC」最新コレクションファッションショー開催
BNK48握手会にファン3000人!「恋するフォーチュンクッキー」MV初公開&劇場オープンも発表
EDMフェス「808 FESTIVAL BANGKOK 2017」出演者ラインナップ発表
塩漬け魚のチャーハン「カオパットプラーケム」
チェンマイ&チェンライを訪れた高杉真宙のタイの旅動画「はじめてのタイ」予告編公開