タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

第25回目 坂の町サンフランシスコを歩く

2012年4月10日 配信

たびえもんの「子供と歩きたい世界の街角」

tabiemon こんにちは、ぼく、たびえもんです。

カフェと旅行会社が一緒になった「旅に行きたくなるカフェ」たびえもん。ありがたいことに、旅行のお問い合わせも少しずつ頂戴するようになりました。
たびえもんのテーマは、夢をかなえる旅づくり。お客様のご希望に沿った、オンリーワンの旅をご提案する旅行会社です。詳しくはホームページをご覧くださいね(http://tabiiku.org/ryoko.html)。

アメリカ2都市目のご案内はサンフランシスコです。日本人にも馴染みの深いカリフォルニア。ロサンゼルスとサンフランシスコは、ともに訪れる日本人が多い2都市です。

子供連れだと、ひょっとしてディズニーランドのあるアナハイムが近いロサンゼルスの方が人気が高いかもしれません。でも、街歩きのしやすさという点で考えると、ぼくはサンフランシスコの方がおすすめだと思いますよ!

車社会アメリカを象徴するようなだだっ広いロサンゼルスに比べて、サンフランシスコは街のサイズがコンパクト、地下鉄のほか、路面電車やケーブルカーもあって、とっても便利です。

そう。サンフランシスコといえば、やっぱり坂道を走るケーブルカーに乗ってみたいですね。登山電車のイメージが強いケーブルカーですが、ここでは街のど真ん中を走っています。追いかけて走ってみたくもなっちゃうかも?(転ばないようにね)

ちなみにサンフランシスコのケーブルカーは、現存する世界最古のもので、1873年に建設されたんですって。ケーブルカー博物館もあるから、ついでに立ち寄ってみたら、子供も、そして大人も楽しめるんじゃないかな。

中心部のユニオンスクエアから、チャイナタウンあたりで軽食をつまみながら、人気の観光名所フィッシャーマンズワーフへ。1日過ごすのに良い散策コースです。
天気がよければ、海やゴールデンゲートブリッジの景色も素晴らしいですよ。

(2012年4月10日掲載)

たびえもんの「子供と歩きたい世界の街角」 たびえもん
株式会社たびえもんの広報部長兼マスコットキャラクター。 平安時代の竹林で生まれたタケノコ。世界中のいろんな国、いろんな時代を旅して、現代の日本にやって来た。 東京・練馬にカフェと旅行会社が一緒になった「旅に行きたくなるカフェ」をオープンすべく、準備に奔走している(2012年4月開業予定)。 憧れの人は、かぐや姫。将来の夢は、空高くまっすぐ伸びる青竹になること。 ★たびえもん(http://tabiiku.org

新着記事

タイ映画「グラビティ・オブ・ラブ(愛の重力)」:仙台が舞台のトゥーイ主演のラブコメ作品
トンロー「まる」で500バーツの懐石料理、毎日17時~19時限定
ジャン BNK48(Jan BNK48)
プロサッカー選手を目指した理由、そしてJのピッチで見えたのも
ミルクス本物が「ジャパンエキスポタイランド2018」への出演決定
「シーズンチェンジ」 はラチャダー通りソイ17のレトロでモダンなタイ料理レストラン