タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

第15回目 辛~いヌードルを食べて号泣

2012年3月21日 配信

たびえもんの「子供と歩きたい世界の街角」

tabiemon こんにちは、ぼく、たびえもんです。

「旅に行きたくなるカフェ」たびえもん(http://tabiiku.org/)では、ちょっと珍しい、だけどおいしい、世界のお茶とお菓子をご用意して、みなさまのご来店をお待ちしています!
オープンは4月です。もう少し待って下さいね。

そう。食事は海外旅行の大きな楽しみの1つです。でも、子連れ旅行の場合、ちょっと不安要素だったりもしませんか? 口に合わないとか、あるいは衛生面だったりとか。

今回のコラムは、そんな食事の不安について、失敗例から学んじゃおうという内容です。いつものとおりKさん一家の登場です。被害者はKさんの長男、1歳半のときでした。

行き先はタイのプーケット。タイ料理といえば、そう、辛い味付けが有名なんです…。

Kさん夫婦はバックパッカーの経験も豊富で、香辛料たっぷりのメニューや、屋台の料理にも慣れています。でも、初めての子連れ旅行だったので、それなりに食べるところや、メニュー選びには気を付けていたそうです。最初のうちは…。

タイの人は優しいから、小さい子を連れて食堂に来ると、大歓迎してくれます。お店のお姉さんに「カワイイ~」なんて日本語交じりに話しかけられて、1歳児はご機嫌だったそうです。男子ですからね!

で、調子に乗って、お父さんが食べていたヌードルスープがほしいと。ダメって言うと泣くし、ちょっとなら大丈夫かと思って、スプーンで一口あげたのが、間違いのもとでした。

それほど激辛というわけではなかったのですが、1歳児の口には、さすがに無理だったみたいで、大泣きされてしまったそうです。やっぱり、チャーハンのような無難な料理だけに留めておくべきでした。子供に責任はありません。お父さんが悪いですね(キッパリ)。

ちなみに長男くん、この旅でココナッツにも挑戦したそうです。ココナッツの実にストローさして飲む南国ならではのスタイルです。こちらは大いに気に入ったそうですよ。

(2012年3月21日掲載)

たびえもんの「子供と歩きたい世界の街角」 たびえもん
株式会社たびえもんの広報部長兼マスコットキャラクター。 平安時代の竹林で生まれたタケノコ。世界中のいろんな国、いろんな時代を旅して、現代の日本にやって来た。 東京・練馬にカフェと旅行会社が一緒になった「旅に行きたくなるカフェ」をオープンすべく、準備に奔走している(2012年4月開業予定)。 憧れの人は、かぐや姫。将来の夢は、空高くまっすぐ伸びる青竹になること。 ★たびえもん(http://tabiiku.org

新着記事

MBKセンター4階の「カフェカルディ」でちょっと一息
ぐるなび、タイで「東北ジャパニーズレストランウィーク」開催
シラチャですか?シーラチャですか?それともシラチャーですか?
片岡安祐美、ワッキー、庄司智春も参加決定!プーケットを巡るマラソン大会 「Phukethon2017」開催
エビ味噌のタイ式混ぜご飯「カオクルックガピ」
バンコクの公共交通機関共通ICカードは2018年6月までに運用開始へ