タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

第10回目 クアラルンプールでマレー語を

2012年3月10日 配信

たびえもんの「子供と歩きたい世界の街角」

tabiemon こんにちは、ぼく、たびえもんです。
おかげさまで、このコラム連載も10回目になりました。

新しく読み始めてくれた読者もいるかもしれないので、改めて自己紹介します! ぼくは、旅することが大好きなタケノコです。世界中のいろんな国、いろんな時代を旅して、現代の日本にやって来ました。よろしくね!

さて。世界にはいろいろな言葉がありますが、一番簡単だといわれている言語は、何語だか知っていますか?

日本語? いいえ。日本語は世界で2番目に難しいんですって。漢字とひらがなとカタカナ、世界でも珍しく3種類の文字を使い分けるからかなぁ?

正解はマレー語(および近戚関係にあるインドネシア語)です。文法変化が少なくて、発音もしやすいんですって。日本語とも奇妙な類似点があって、「あなた」のことをマレー語では「アンダ」って言います。「どういたしまして」は「サマサマ」です。親近感が沸いてきませんか?

そんなわけで今回はマレーシアの首都クアラルンプール。マレー系、中華系、インド系が交ざった多民族都市のため、共通言語は英語。かつてイギリスの植民地だったこともあって、英語がとても通じやすい街です。

でも、せっかくマレーシアに来たら、がんばってマレー語に挑戦してみませんか? 世界一簡単といわれるマレー語ですから、行きの飛行機の中のにわか学習でも、数日間の滞在中でも、ちょっとは喋れるようになるかも?

お父さんやお母さんよりも、物覚えの早い子供たちのほうが、ささっとマレー語をマスターしちゃうなんてことも、あるかもしれません。

英語で話すよりも、片言でも現地の言葉を使ってみるほうが、ぐっと地元の人の反応は明るく、すぐに仲良くなれること請け合いです。

最後にもう1つ、マレー語の超重要単語を教えてあげます。
竹は英語でバンブー(bamboo)ですが、語源はマレー語の(bambu)なんですよ。クアラルンプールの街角で、ぜひ使って下さいね!

(2012年3月10日掲載)

たびえもんの「子供と歩きたい世界の街角」 たびえもん
株式会社たびえもんの広報部長兼マスコットキャラクター。 平安時代の竹林で生まれたタケノコ。世界中のいろんな国、いろんな時代を旅して、現代の日本にやって来た。 東京・練馬にカフェと旅行会社が一緒になった「旅に行きたくなるカフェ」をオープンすべく、準備に奔走している(2012年4月開業予定)。 憧れの人は、かぐや姫。将来の夢は、空高くまっすぐ伸びる青竹になること。 ★たびえもん(http://tabiiku.org

新着記事

タイの偽ホテル予約サイトで被害続出!デンマーク人男らを逮捕
つけ麺 城:タイ東部シーラチャで極太麺の「濃厚魚介つけ麺」を食べる
シーラチャの高レートの両替商「シーラチャ・マネー・エクスチェンジ」
タイ発祥のロールアイス専門店「マンハッタンロール・アイスクリーム」で冬こそ食べたい新メニュー
2017年のタイの灯篭流し「ロイクラトン」は11月4日の開催(地域によって変動)
MRTパープルラインが値上げ、2017年11月より