THAILAND HYPERLINKS :タイ旅行やタイ生活とタイエンターテイメントのポータルサイト
agoda バンコクの格安ホテル予約

生田斗真 、広瀬すず主演映画「先生! 、、、好きになってもいいですか?」がタイで劇場公開

2017年12月31日 配信

映画「先生! 、、、好きになってもいいですか?」

日本では2017年10月28日に公開になった、生田斗真と広瀬すず主演の映画「先生! 、、、好きになってもいいですか?」が、タイで2018年2月8日より劇場公開になります。



「先生! 、、、好きになってもいいですか?」は、別冊マーガレットで連載された河原和音による漫画「先生!」が原作の、教師・伊藤貢作(生田斗真)とその彼に初恋をする女子高生・響(広瀬すず)の純愛を描くラブストーリー作品です。

タイでの映画鑑賞は劇場にもよりますが、料金は通常200バーツほど。上映回によって、タイ語吹き替え版とオリジナル音声のタイ語字幕版があります。

ボサボサ頭にメガネ姿。滅多に笑わない伊藤先生に、響も密かに苦手意識を持っていたはず・・・なのに。ふと見せる意外なほどの優しさ、いつもどこか遠くを見ている寂し気な瞳、そしてハッとするほど大きく男らしい手。自分でも気付かないうちに恋に落ちていた響は始めてのこの想いを不器用ながらまっすくに伊藤にぶつけていく。響きのピュア過ぎるアプローチを、やんわり交わし続けていた伊藤だったが、ある日決定的な一言を放つ・・・「迷惑だ」。
先生に迷惑をかけたくないとの一心で、もう一度きちんと振られるため向かった屋上。無理をして明るく振る舞う響きに、移動は突然のキスをー
戸惑い混乱する響きだったが、事態は響の知らないところで急速に変化しようとしていた。
唐突に学校を去ろうとする伊藤、2人を引き離そうと躍起になる大人たち、響きを熱い友情で支え、応援する仲間たち。様々な思いが交差する中、響の片思いの行方は・・・?

 

先生! 、、、好きになってもいいですか?

[監督]
三木孝浩
[脚本]
岡田磨里
[原作]
河原和音「先生!」
[出演]
生田斗真  広瀬すず  竜星涼  森川葵  健太郎  中村倫也  比嘉愛未  八木亜希子  森本レオ
[ウェブ]
http://wwws.warnerbros.co.jp/sensei/

新着記事

一番人気は痔の薬!タイ版「富山の置き薬」【TVウォッチング】
パクチーの次はコブミカンの葉だ!キューピー「かんきつハーブ コブミカンの葉&レモングラス」が日本全国で発売
ジャッキー=チャークリン ムン(Jackie-Jacqueline Muench)
「陽気(yoki)」はスクンビット通りソイ101/1の日本料理店
BTSで「リュックは体の前に」と乗車マナーの呼びかけ
ダチョウ倶楽部&野呂佳代を招いてタイ人サガットの「佐賀ット商店」がオープン