タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

「ビアチャーン」のアルコール度数が5.0%に引き下げ、過去には6.0%越えの時期も

2017年11月7日 配信

「ビアチャーン」のアルコール度数が5.0%に引き下げ、過去には6.0%越えの時期も

各報道によるとタイ・ビバレッジ社は、販売するビール「ビアチャーン(Beer Chang,เบียร์ช้าง)」のアルコール度数を、これまでの5.2%から5.0%へ引き下げました。これは9月16日より施行された新物品税対策とのこと。



かつては「ビアチャーン」のアルコール度数は6.0%を越えており、さらに他ビールよりも低価格のため、「安く酔える」と人気でした。

ちなみに2015年にタイ・ビバレッジ社は、日本版「ビアチャーン」として当時の第三のビールの扱いで「麦象」という商品を発売予定でした。あとは発売日を決定するのみという段階まで進んでいたようですが、どういう理由かは不明ですが、発売されずに現在に至っています。

BEER CHANG

 

▼関連記事
タイで酒と煙草が値上げ、2017年9月16日より

新着記事

ティサー=ワリティサー リムタマヒソン(Thisa-Varitthisa Limthammahisorn)8
和のテイストを加えた革新的なフレンチレストラン『Elements』が「ミシュランガイドバンコク2018」の一つ星を獲得
年末年始の「アマラ・バンコク」、お得なクリスマスイブディナーやカウントダウンパーティーも
ニチャー=ナタニチャー ダンワタナーワニット(Nychaa Nuttanicha Dungwattanawanich)3
インターコンチネンタルブランドの「ステイブリッジ スイート バンコク トンロー」が2019年竣工へ
【ラオス】「カフェ・シヌーク」はラオスコーヒーのカフェ&レストラン