タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

日本では米粉麺を「フォー」と呼ぶのが一般化してしまった

2017年11月4日 配信

日本では米粉麺を「フォー」と呼ぶのが一般化してしまった

タイの屋台や食堂の定番中の定番メニューと言えば、米粉麺のタイヌードルですよね。スープの種類も色々あって、お好みで麺の太さも選べるアレです。最近ではホテルの朝食ブッフェでも、屋台スタイルで提供するところがあるほど一般的で人気のメニューです。



ところで皆さんはこの米粉麺のことを何と呼びますか?「クイティオ」「クエッティオ」「クワイティアオ」・・・。タイ文字では「ก๋วยเตี๋ยว」と書くのですが、これを日本語で表記するのは中々難しいのです。なので、媒体や個人ごとにバラバラの表記になってしまうんですね。

では、日本でこの米粉麺の事をなんと呼ぶのが一般的かというと「フォー」なんです。そう、「フォー」とはベトナムヌードルの「フォー(phở)」のこと。

まずは過去の本サイトのこちらの記事をご覧ください。

ガパオにグリーンカレーにトムヤムクン・・・「デニーズ エスニックフェア」が2015年も開催

2015年のデニーズのエスニックフェア。「エスニック料理の定番トムヤムクンにフォーを加え、デニーズ流にアレンジしました。」とあるとおり、トムヤムクンに米粉麺を加えたもので完全にタイ料理なのですが、米粉麺の事をベトナム語の「フォー」と言っています。

続いてこちらの記事。

本格アジアンスープ「選べるスープ&フォー 茶のアジアンスープ」でタイ料理のガパオ風、カオマンガイ風など

2017年9月発売の商品。タイ料理をテーマに4種類の本格スープを詰め合わせたものですが、その商品名が「選べるスープ&フォー 茶のアジアンスープ」。タイ料理のスープなのに、ベトナムの「フォー」が入ってしまっています。

ではもうひとつ。

【ベトナム】4月4日は「フォーの日」に、日本記念日協会が認定

エースコックは「トムヤムフォー」!また、米粉麺=「フォー」ということで、4月4日を「フォーの日」として記念日申請し正式に認定されたそうです。

確かに日本で商品化する場合、なんと呼んで(読んで)よいのかよくわからないタイ語の「ก๋วยเตี๋ยว」よりも、短くて覚えやすいベトナム語の「フォー(phở)」の方が良いのに間違いないですから・・・。

タイには度々日本人の芸能人がイベントに出演しますが、「タイで何を食べたいですか?」という質問に「フォーが食べたい!」というのは度々聞きます。また日本からきたタイが好きなはずの友人が「フォーが食べたい!」といった時、日本では米粉麺を「フォー」と呼ぶのが一般化してしまったんだと感じたのです。タイ派の我々からしたら、ちょっと寂しいですね。

新着記事

とにかくセクシー過ぎるタイのお肉屋さん(動画あり)
モーケン族はイルカやシャチと同じ目を持つタイの海洋民族【TVウォチング】
SWEAT16!が 「日タイ交流ラムウォン盆踊り大会2017」の櫓の上で浴衣姿でライブ披露
トゥーム=ピムパウィー コークラビン(Toon-Pimpawee Kograbin)
バンコクの盆踊り大会が大盛況!参加者1万人!
ティサー=ワリティサー リムタマヒソン(Thisa-Varitthisa Limthammahisorn)8