THAILAND HYPERLINKS :タイ旅行やタイ生活とタイエンターテイメントのポータルサイト
agoda バンコクの格安ホテル予約

喪が明けたタイ、それでも黒い服の人が多数

2017年10月30日 配信

2016年10月13日に88歳でご崩御された故プミポン前国王陛下の葬儀も滞りなく執り行われ、2017年10月29日で1年以上続いた服喪期間も終了。喪が明けた翌30日には、各所にあった黒白の飾りも取り外され、新しいタイのスタートとなりました。近くワチラーロンコーン国王陛下の戴冠式も執り行われます。



この1年間、服喪のため主に黒い服や派手さのない服を着ていたタイ国民。葬儀も終えて喪が明けた30日なって、タイ国民がどのような服装になるのか見ていましたが、多くの人々が引き続き黒い服や派手さのない服を着ているようです。

10月25日からの葬儀に合わせて白黒対応になっていたタイの多くのウェブサイトは、30日になって通常のカラフルなものに戻っています。タイ国民の服装も、これから徐々に明るい色使いになっていくのでしょう。

新着記事

丸ごとフルーツジュース「渋い(SHIBUI)」@ウィークエンドマーケット
苦手なことに取り組むが良いか、自分が活きる道を見出すか -いとたくバンコク子育て日記-
マカブーチャ(万仏節)で2018年3月1日(木)はアルコール販売禁止
東京メトロ、自動券売機と自動精算機の案内言語にタイ語が追加
ビックリ特盛りマンゴーシェイク屋台「ホーンガティ」@ウィークエンドマーケット
デューク東郷の声は舘ひろし、「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」が動画化