タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

タイの小学生の1日のお小遣いは何バーツ?「アジア小学生新聞」調べ

2017年10月17日 配信

タイの小学生の1日のお小遣いは何バーツ?「アジア小学生新聞」調べ

タイ・インドネシア・台湾で無料配布されている株式会社トキオ・ゲッツが展開する小学生向けの新聞教材・アジア小学生新聞「ASIAN ELEMENTARY TIMES」が、発行から4年目を迎えました。

株式会社トキオ・ゲッツでは、この小学校との直接のネットワークを活かし、アジア子ども市場参入を狙う企業の広告掲載やプロモーション、調査などを請けおっているとのこと。

そこでこの度、 アジアキッズマーケティング事例として、「アジア小学生のお小遣い事情」と「タイの子どもが好きな日本のキャラクターベスト20」を発表しています。



タイの小学生の1日のお小遣いは?

ではタイの小学生のお小遣い事情を見てみましょう。

○タイ
【平均金額(一日)】
低学年 …約45B(約140円)高学年 …約65B(約200円)
【使い道】
学校にお金を持参し、売店でお菓子、飲み物、おもちゃを買うという意見が大多数です。ランチがない学校ではランチ代、バス通学の子はバス代をプラスしてもらいます。
※タイは1日毎にお小遣いをもらうのが一般的

ご覧のとおり、タイの小学生の1日のお小遣いの平均金額は低学年が約45バーツ(約140円)で高学年が約65バーツ(約200円)。タイの学校の前には多くの屋台が並び、多くの子供達が買い食いをしているところを見たことがある人も少なくないのではないでしょうか?タイの小学生は学校にお金を持って行くのが普通のことなんですね。学校にお金を持っていくことなどまずない日本の小学生とは大きく違います。

ちなみに日本、台湾、インドネシアのお小遣い事情は以下。

○日本 
【平均金額(一か月)】
低学年…407円 高学年…653円
【使い道】
1位…お菓子 2位…マンガ、本 3位…ゲーム
※洋服や交通費などは家庭から支払うのが一般的、必要な分だけその都度、渡すという家庭も多い

○台湾
【平均金額(一か月)】
低学年:~500元(約1,700円)…68.8% 高学年:500元~999元(約3,300円)…6.0%
【使い道】
お菓子や飲料…66.0% 文房具…64.9% 服、靴、鞄…19.1%    、ゲーム、おもちゃ…13.7% アニメ製品…13.1% 貯金…約80%
※全体の約58.4%がお小遣いをもらっている

○インドネシア 
【平均金額(一か月)】
高学年~Rp100,000(約830円 )…80% Rp100,000~Rp 300,000(約2,500円)…20%
【使い道】
お菓子や飲料…80% 文房具…40% 本や雑誌…40% マンガ…20% 貯金…80%
※もらう頻度としては1週間に1回が最も多い。

 

タイの子どもが好きな日本のキャラクターは?

タイの子どもが好きな日本のキャラクターは1位「ドラえもん」、2位「ポケモン」、3位「ナルト」と続いています。それ以後「ミッキーマウス」や「プーさん」など、日本のキャラクターで無いものも含まれていますね(笑)

タイの子どもが好きな日本のキャラクターは?

アジア小学生新聞「ASIAN ELEMENTARY TIMES」概要
●配布先  :インドネシア(ジャカルタ近郊)、タイ(バンコク)、台湾(台北近郊)
●配布数  :2700校 (最大アプローチ可能人数⇒148万人*)
●判型   :タブロイド版 フルカラー 全4ページ
●購読料  :無料
●発行頻度 :隔月・年6回※学校の長期休暇に合わせて変動あり
●ターゲット:小学校の生徒、およびその家族、教員
●配布方法 :弊社契約のデリバリー会社が小学校へ直接デリバリー
学校が生徒へ配布(図書館への設置、食堂への設置、他)
※最大アプローチ可能人数…新聞配布学校数×1学校の平均生徒数から換算

新着記事

ミルクス本物が「ジャパンエキスポタイランド2018」への出演決定
「シーズンチェンジ」 はラチャダー通りソイ17のレトロでモダンなタイ料理レストラン
「第8回シラチャ日本祭り」がシラチャ・スカパープ公園で2017年11月25日・26日開催
モバイル BNK48(Mobile BNK48)
パトリシア・グッドらが登場!タイ発「MADE OF FABRIC」最新コレクションファッションショー開催
BNK48握手会にファン3000人!「恋するフォーチュンクッキー」MV初公開&劇場オープンも発表