タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

「東京パクチーPARTY 2017」開催!おかずクラブがイメージキャラクターに

2017年8月29日 配信

「東京パクチーPARTY 2017」開催!おかずクラブがイメージキャラクターに

空前のパクチーブームの中、東京・新宿歌舞伎町(大久保公園)にて2017年9月20日(水)から9月24日(日)までの5日間、パクチー専門店や世界各国のパクチー料理の名店10店舗が大集結する夢の祭典「天下夢草の饗宴 東京パクチーPARTY 2017」が開催されます。

■パクチスト待望の『東京パクチーPARTY』とは
2017年9月20日(水)~24日(日)、パクチー専門店や世界各国のパクチー料理の名店10店舗が会場に大集結し、パクチー料理を心ゆくまで堪能できる、本年初開催のグルメイベントです。
デトックス・アンチエイジング・消化促進・免疫増強・眼精疲労・美肌等、様々な効果を持つパクチーを使った絶品料理を、老若男女全ての方々にお楽しみいただけます。

 

■開催の背景
昨今、都内各地で「肉」「ラーメン」「つけ麺」「牡蠣」「激辛」等々、ニッチジャンルを追及し、ターゲットを絞った特化型グルメイベントが溢れ、非常に多くの来場者で賑わっています。
そんな中、東京パクチーPARTY実行委員会は、 “パクチスト”と呼ぶ造語も生まれ、熱狂的なファンが急増している食材「パクチー」に着目いたしました。
かつてはエスニック料理などにおける“薬味”としての存在でしたが、近年ではパクチーサラダを始め、パスタやチャーハン等、食事の“主役”に転じ、多くのファンに支持されている「パクチー」に特化したグルメイベントを開催することは、他のグルメイベントと大きく差別化を図ることができ、話題性も十分です。

■イメージキャラクターは“おかずクラブ”
『東京パクチーPARTY』のイメージキャラクターを務めるのは、お笑いコンビの“おかずクラブ”です。
また、『東京パクチーPARTY』の1週間前に開催する、姉妹イベント『シン・ガーリックパラダイス』のイメージキャラクターも同時に務めます。
『シン・ガーリックパラダイス』は、ニンニク好きの、ニンニク好きによる、ニンニク好きのためのグルメイベント『ガーリックパラダイス』が3年目を迎えるにあたりパワーアップしたグルメイベントです。滋養強壮・疲労回復をはじめとした効果効能が豊富なガーリックグルメに、日本古来のスタミナ食材「うなぎ・すっぽん」が新たに加わりスタミナ満点です。
気になる口臭対策にも気を使い、「パセリオイル」に着目した、口臭対策を万全に整えております。食後の口臭を気にすることなく、ガーリックグルメ・スタミナグルメを楽しむことができる、デートにもぴったりのグルメイベントです。
また、『シン・ガーリックパラダイス』初日である9月12日(火)には、“おかずクラブ”のお二人が来場予定となっています。運がよければ大好物のガーリック・スタミナグルメを頬張るお二人に会えるかもしれません。

 

東京パクチーPARTY

[開催日時]
2017年9月20日(水)~9月24日(日)
合計5日間 11:00~21:00
[開催場所]
新宿歌舞伎町 特設会場(大久保公園)
[アクセス]
西武新宿線「西武新宿」駅徒歩3分
JR・小田急線・京王線「新宿」駅徒歩8分
[入場方式]
入場無料(飲食は有料)
※雨天開催  ※荒天時中止となる可能性有り
[出店店舗]
10店舗
[公式サイト]
http://www.phakchi-party.com/

 

出店店舗

●Garlic restaurant はじめの一っぽ(にんにく料理専門店)
にんにく専門店が送る、パクチー料理の数々。肉のマリネやパスタのソースにもパクチーがたっぷり。旨みの強い青森県産にんにくとの相性も抜群。生だけではない、パクチーの新たな魅力を存分に味わうことができる。

●ソウルフードバンコク(タイ料理)
宮古島にパクチー農園をもつというお店から、パクチー×タイ料理のゴールデンタッグ3品が登場。その名も「1000%パクチーサラダ」に激辛ダレが決めての「パクチー天ぷら」、そしてテッパンのおいしさの「パクチーラーメン」。人気タイ料理店の本気をお見せします。

●ペルー料理&バル ALDO(ペルー料理)
生パクチーにパクチーペーストをたっぷりと練りこんだ3品は、どれもペルー伝統の料理にシェフのアイデアを光らせたもの。南米の美食の国と呼ばれるペルーの味とパクチーとの出会いが楽しめる。

●羽根木餃子(餃子専門店)
イタリア産豚肉をゴロっと大きめにカットした名物「羽根木餃子」にパクチーをたっぷり混ぜ込んだ「パクチー餃子」とプリプリエビの「えびパクチー餃子」。店でも人気の2品はビールと相性抜群。

●シラントロ(スペイン料理)
スペイン語でパクチーを意味する、シラントロ。斬新なパクチーがドサッとのった「山盛りシラントロサラダ」は食べ応えのあるラム肉のケバブ付き。ルーにもライスにもパクチーをたっぷり使った「イカスミのシラントロカレー」、どちらも食べずにはいられない絶品。

●BANH XEO SAIGON(ベトナム料理)
ベトナム料理の人気店が送る、店名にもなっているパクチー料理「バインセオ」は、生地にパクチーを練りこんだ絶品。パクチーたっぷりのバインミー(サンドイッチ)にパクチーのかき氷等、強力ラインナップも必食。

●モンゴリアンチャイニーズBAO(モンゴル・中国料理)
店主バオさんが作る創作パクチー料理は、ピリ辛ダレが決めての「冷しゃぶそうめん」。生ピーマンと肉みそ、パクチーがベストマッチの「ピーマン包み」。そして干し豆腐を麺に見立てた「干し豆腐のヌードル」と、どれも見逃せない。

●七宝麻辣湯(スープ春雨)
渋谷の大人気スープ春雨専門店がパクチー爆盛りで登場。30種類以上のスパイスを使ったスープに、コシのある春雨が最高の相性。スープは辛さ0、1、3から選ぶことが可能。

●ガパオ食堂(タイ料理)
タイのソウルフード「ガパオごはん」を看板メニューに、本場タイの味わいで人気を集めるお店から、イベントオリジナルの料理が登場。パクチーの葉や茎だけでなく、香りの良い「根っこ」まで使い尽くすその技はまさに本場ならでは。

●百年ワンタン(上海料理)
プロデューサーの祖父母の時代から100年受け継がれる「手作りワンタン」。本場の上海ではワンタンは主食であり、一つ一つかなりボリュームがある。特製の皮は餃子のもちもち感とラーメンの滑らかさを同時に楽しめる。肉と野菜のバランスの良い餡ももちろん、特製の「百年ラージャン(辛味噌)」も全て手作りで、化学調味料なしにこだわっている。無農薬の香り高いパクチーをたっぷりと添えて食べるのがオススメ。

新着記事

タイで美白歯みがき剤「アパガード」販売開始
山岳民族を感じる、スラムを感じる「クラフトエイドとフィームー展」開催
「本物すし」はタイ版「料理の鉄人」の和食レストラン
バンコク王宮は前国王葬儀で一時公開中止、2017年10月1日~29日
ジャン BNK48(Jan BNK48)
ケート BNK48(Kate BNK48)2