タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

バンコクの電線は2022年までに地中化【TVウォッチング】

2017年8月29日 配信

バンコクの電線は2022年までに地中化【TVウォッチング】

テレビ朝日系列の報道ネットワーク・ANNニュースで2017年8月26日、バンコクで誰もが気になっていたあのことが話題になりました。それは電線についてです。



ビル・ゲイツ氏がタイの電線の写真を自身のFacebookに掲載して話題になったのは2016年だったでしょうか。ビル・ゲイツ氏の絡まってゴチャゴチャの束になった電線の写真を見て、はじめてタイの電線事情について知った方も多かったと思います。

ゴチャゴチャの電線はビル・ゲイツ氏が特別な場所で撮影したわけではなく、実際にもあちこちがゴチャゴチャの電線だらけなので、慣れればもうなんとも思いませんが、日本からやってきて初めてタイの電線を見る人はきっと驚くのでしょう。

ニュースでは、あの無秩序に絡まったかのようなバンコクの電線と電線の上につくった鳥の巣を紹介していました。映像を見る限り、鳥の巣はフジスーパー2号店の前のようですね。そんな電線が不安だと街の人の声を伝えており、実際垂れ下がった電線に接触して怪我をするということ度々あるそうです。

そんな危険な電線の対策として現在、電線の地中化が進行中。バンコクの電線の総延長は127キロメートルあまりあるそうですが、それを全て2022年までに地中化をする計画なのだそうです。すでに地中化が終わった地域もあり、電線のない街並みはスッキリして、とっても綺麗に見えるのだとか。

ANN NEWS
http://news.tv-asahi.co.jp/

新着記事

ティサー=ワリティサー リムタマヒソン(Thisa-Varitthisa Limthammahisorn)8
和のテイストを加えた革新的なフレンチレストラン『Elements』が「ミシュランガイドバンコク2018」の一つ星を獲得
年末年始の「アマラ・バンコク」、お得なクリスマスイブディナーやカウントダウンパーティーも
ニチャー=ナタニチャー ダンワタナーワニット(Nychaa Nuttanicha Dungwattanawanich)3
インターコンチネンタルブランドの「ステイブリッジ スイート バンコク トンロー」が2019年竣工へ
【ラオス】「カフェ・シヌーク」はラオスコーヒーのカフェ&レストラン