タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

「日清の黒歴史」にタイの味(笑)『カップヌードル サマーヌードル』と『日清焼そば 熱帯U.F.O.』

2017年6月27日 配信

「日清の黒歴史」にタイの味(笑)『カップヌードル サマーヌードル』と『日清焼そば 熱帯U.F.O.』

日清食品株式会社は、かつて販売した商品の中で、時代を先取りし過ぎで売れなかった(笑)黒歴史商品を3つ再発売。その3つのなかの2つが「カップヌードル サマーヌードル」、「日清焼そば 熱帯U.F.O.」というタイの味の商品となっています。

日清はそのキャンペーンとして、『今度こそ売れて欲しい!!黒歴史トリオ』の特設サイトを、2017年6月26日(月)より公開しました(特設サイトURL:http://www.cupnoodle.jp/blacktrio/

 

レモングラスよりも先に来日!? ナウすぎたニューカマー
『カップヌードル サマーヌードル』

カップヌードル サマーヌードル

1995年夏、『緊急限定発売』という必死感満載のコピーで登場。トムヤムスープをベースに、スープにはレモングラスをきかせている。一言でいえば、攻めすぎている。当時はレモングラスの存在が知られておらず「正直よくわからない商品」として扱われてしまった。営業も説明ができず大変に苦労した。真心ブラザーズの名曲『サマーヌード』は当商品のラジオCM用に書き下ろされたものだが、今やそっちの方が有名となっている。エスニック料理が一般化した今ならもっと愛してもらえるのでは、ということで緊急再発売。

カップヌードル サマーヌードル

 

勢いだけは人一倍!! 暑苦しい大型ルーキー『日清焼そば 熱帯U.F.O.』

日清焼そば 熱帯U.F.O.

2002年夏、前年に大ヒットした『カップヌードル 熱帯シーフードヌードル』を勝手にパクって誕生。ネーミングをはじめヤシの木をデザインしたパッケージなど、あたかも関連商品のような顔つきをしているが、実際は完全なる後追いである。その驚くほど安易に名づけられた『熱帯U.F.O.』という商品名について、勢いは伝わるものの味の説明になっていないという指摘が相次いだ。またその味も、パッタイやミーゴレンなどの“エスニック風焼そば” に慣れていない当時の人々には新しすぎた。今なら、このタイ風甘辛エスニック焼そばの魅力をわかっていただける……かも?

日清焼そば 熱帯U.F.O.

 

新着記事

タイ発エナジードリンク「M-150」が日本全国のドン・キホーテで発売開始へ
タイの職人が集う「ハードウェアハウス(Hardwarehouse)」
華僑と華人はどう違うのですか?
トゥクトゥクに誘われて、スーツ仕立て屋に連れて行かれた男の体験談
10月26日に営業するお店と営業しないお店一覧【前国王陛下の火葬の日】
ワット・ポーに着くまでに2千バーツも取られた男が一部始終を語る