THAILAND HYPERLINKS :タイ旅行やタイ生活とタイエンターテイメントのポータルサイト
agoda バンコクの格安ホテル予約

「カフェ アメィゾン」:福島県にあるタイ発の喫茶店に行ってみた!

2017年6月25日 配信

東京都在住のタイ好きゴーゴーさんからの投稿です。

---

福島県に行く用事があったので、目的地から少し足を伸ばして川内村の「カフェ アメィゾン」に行ってきました。

察しの良い方ならもうお気付きかと思いますが、「カフェ アメィゾン」とはタイのあちこちにある「Cafe Amazon」のこと。ガソリンスタンドやショッピングセンターの中などタイのあちこちで出店しているあの「Cafe Amazon」の、日本進出1号店が福島県にあるんですよ!

福島県の「カフェ アメィゾン」に行ってみた!

ログハウス調の一軒家スタイルの「カフェ アメィゾン」。タイとはまるで違う雰囲気ですが、しっかりとお馴染みの赤いオウムの看板がついています!

Cafe Amazon 福島1号店
川内村唯一のカフェ Cafe Amazon(カフェ・アメィゾン)福島1号店
四季折々表情を変える木々を、目の前で楽しめるカフェです。
ログハウス調の店内には約50席、テラス席やソファー席、個室もございます。
ゆったりくつろげる空間で憩いの時間を過ごしませんか?
http://amazon-cafe.jp/

ガソリンスタンド跡地である駐車場に車を停めて、中に入る前に周りを少し歩いてみました。

福島県の「カフェ アメィゾン」に行ってみた!

この日みたいに天気が良いと、自然に囲まれたテラス席も気持ちよさそうですね。

福島県の「カフェ アメィゾン」に行ってみた!

中に入ってオーダーです。

福島県の「カフェ アメィゾン」に行ってみた!

店内で「カフェモカ」(430円)を飲みながら一休み。

福島県の「カフェ アメィゾン」に行ってみた!

カウンターテーブルでタイが感じられるものを発見。1つはゴージャスで華やかな中にも気品が感じられるお土産にも人気のベンジャロン焼きの器。1つはタイのプロサッカーチーム・PTTラヨーンFCに所属の大久保剛志選手のパネルとポスターです。実はタイの「Cafe Amazon」はPTT(タイ石油公社)が展開しているんですね。

先の東日本大震災の被害からの復興が進む福島県を訪れる機会があれば、「カフェ アメィゾン」でタイを思い出してみたはいかがでしょうか。

 

Cafe Amazon(カフェ・アメィゾン)

[営業時間]
10:00~19:00
[住所]
〒979-1201 福島県双葉郡川内村大字上川内字町分102
[電話]
0240-23-5665
[ウェブ]
http://amazon-cafe.jp/

 

▼関連記事
タイのコーヒーショップ「Cafe Amazon」日本進出1号店が福島県川内村にオープン

新着記事

中川大志の登壇決定!「日本映画祭2018inタイ」が2月2日開幕
インク=ワラントーン パオニン(Ink-Waruntorn Paonil)4
タイで見つけた韓国版かっぱえっびせん風スナック、本家とのソックリ具合はHANAMIの比じゃなかった!
福岡にタイ総領事館の新設決定、2018年10月にも
タイで「スマートビザ」が2018年2月1日より開始、高技能の外国人専門家を迎える
「アマラ バンコク ホテル」が春節の特別割引を実施